インデックス投資が人気になればインデックス投資の利点がなくなる?

インデックスファンドの懸念

「インデックス投資のシェアが高まるとどうなるの?」

「ガバナンスの問題が発生するとインデックス投資は機能するの?」

インデックス投資の人気が非常に高まっています。この20年間で、インデックス投資の市場シェア率はおよそ5倍もシェアを伸ばしているのです。

しかし、この喜ばしい出来事に、インデックス投資の生みの親が懸念を抱いていることを知っていますか?

バンガードの創業者、John Bogleはインデックス投資の生みの親でもあります。

そのBogleが、最近のインデックス投資に懸念を抱いています。

結論から言えば、インデックス投資が人気になると、インデックス投資の利点が失われる可能性が高いです。

企業が効率よく運営されるためには、アクティブ投資家による評価が非常に重要になります。

というのも、アクティブ投資家が企業を評価し、時にはアクティビストが株主提案をすることにより、企業は利益重視の経営をするようになるからです。

しかし、インデックス投資が人気になれば、相対的にアクティブに投資する投資家が少なくなります。そして、一部のファンドマネージャーの発言力が強くなりすぎてしまうと、企業に対する適切な評価がされなくなる可能性が高いです。

そのため、インデックス投資が人気になるほど、ガバナンスの問題が発生する可能性があるのです。

個人の投資家に対する影響はあるのでしょうか?

この記事で学べることは?

  • インデックス投資の御三家が学べる
  • インデックス投資急成長の背景が学べる
  • 個人に対する影響が学べる
スポンサーリンク

インデックス投資の現状は急成長?17%のシェアを突破!

世界には大きく分けると2種類の投資法があります。

  • アクティブ投資:市場平均を上回るために株式の売買をする投資法
  • インデックス投資:市場平均と同等の成長率を目指す投資法

アクティブ投資は個別の企業を評価して、割安な株式や成長しそうな株式を購入する投資スタイルとなります。

インデックス投資は、個別の株式を評価するのではなく、S&P500やTOPIXなどの代表的な指数を構成している銘柄に投資をすることです。

一般的に、投資と言われて想像するのが、アクティブ投資でしょう。

しかし、現在全米市場では、インデックス投資のシェアが急上昇しているのです。

インデックス投資の全米市場のシェア率は現在17%を突破

インデックス投資の全米市場に対するシェア率は約17%に到達しています。

インデックス投資のシェア率は2000年と2018年を比較すると下記の通りです。

  • 2000年:3.5%
  • 2018年:17.2%

つまり、2000年から現在まででインデックス投資のシェア率は、約5倍近くに増加しています。

しかも、上昇率は年々早くなっています。インデックス投資が全米市場の3割になる日もそう遠くはないのです。

インデックス投資の会社ごとのシェア率「ビッグスリーだけで8割を超える」

ちなみにインデックス投資には、バンガード・ブラックロック・ステートストリートという御三家があります。

この3社のシェア率は下記のとおりです。

バンガードが圧勝ですね。だから私はバンガード大好き。

インデックス投資は不人気だった?

インデックス投資は1970年代に始めて出来た投資法で、意外に生きの長い投資法です。

しかし、注目されたのが最近であり、開発されたの頃は誰にも見向きもされていませんでした。

なんと、現在では最大手を誇るバンガードのインデックスファンドも、IPOの際に設定したゴールの5%しか達成できなかったのです。

というのも、インデックス投資が開発される前は、アクティブファンドで運用することが主流であり、ハイパフォーマンスを叩き出す、夢のようなファンドが数多く存在していました。

しかし、30年ほど経過した現代では、インデックス投資に関する証拠もかなり集まっており、投資界隈のインデックス投資の見方はかなり変化しています。

具体的には、

  • インデックス投資は小額で市場全体に投資可能
  • インデックス投資は少数のマネージャーで低コスト
  • インデックス投資は売買も頻繁にしないため税金もかからず低コスト

と言った利点が評価されているのです。

そして、何よりも衝撃的なのは、平均以上の利益を目指し、活発に売買を繰り返すアクティブファンドよりも、指数に連動することを目指しあまり売買しないインデックス投資のほうが稼げることです。

その結果、今では、アクティブ運用をする投資家の中でも、大部分をインデックス投資で運用して利益をしっかりと確保している人もいるとか…。

アクティブファンドとインデックス投資の比較については下記をどうぞ。

アクティブファンドはインデックスファンドにボロ負け!アクティブ運用とパッシブ運用の違いとは?
アクティブファンドは株価指数などより高い運用成績をプロが目指すファンドです。インデックスファンドは株価指数などと同等の値動きを目指すファンドです。アクティブファンドはインデックスを下回った成績が多いです。両者の違いや原因を解説しました。

インデックス投資が全米市場のシェア30%を超えるとガバナンスに支障が出る理由

インデックス投資を運用してい企業は、人気が集まれば、運用資産額が大きくなればなるほど、手数料が入ってくるので、儲かります。

しかし、インデックス投資のシェアが増加すればするほど、株主となるファンドマネージャーに会社に対する発言力が高まってしまいます。

ファンドマネージャーの発言力が他の株主よりも強くなる

株式は保有率が高まると、取締役会で発言力が高まります。議決権も付与され、経営に口出しができるようになるのです。

少し昔の話ですが、サードポイントという機関投資家がソニーの株式を大量取得して、経営に口出ししたことが問題になりました。これも株式の保有率を高めたことで、発言力が高まったから言えるようになったのです。

インデックス投資は少数のマネージャーで運用している投資信託です。

経営に口出しする権利は、投資信託を購入している人ではなく、ファンドマネージャーになります。

ファンドマネージャーが株式の大半を保有してしまうと、圧倒的な発言力を持ってしまうため、株主の公平性という側面が損なわれてしまうのです。

インデックス投資に人気が集中すると、一人のファンドマネージャーの独裁のようになってしまうのです。

これが、Bogleが懸念しているコーポレートガバナンスの問題なのです。

インデックス投資の人気は今後も増加する

インデックス投資への投資は市場的にかなり伸びており、今後もますます拡大していくことになります。

インデックス投資が全米株式市場の50%を超えると、3社が30%を持つことと同じ意味になります。

現在の流れとして、アクティブ運用をする投資家は減りつつあります。

ロボアドバイザーの投資も大部分はETFやインデックス投資が主流です。

マゼランファンドなどのアクティブ運用が有名で、過去にピーターリンチも在籍していたフィデリティも、最近では、手数料ゼロのインデックス投資を生み出し、インデックス投資の販売に乗り出しています。

インデックス投資でガバナンスは崩壊するのか?個人投資家はどう振る舞うか?

コーポレート・ガバナンスについて懸念があるかもしれませんが、個人投資家にとってのインデックス投資の優位性は変わらないでしょう。

指数に連動しているインデックス投資は、いわば多くの専門家が形成している市場に投資をしているのと同じです。

つまり、経済、政治、投資家心理のすべてを表しているのが、市場なのです。

そのため、個人投資家にとっては、下記のような運用を狙う場合にはインデックス投資一択になります。

  • ローコスト
  • 全市場に分散投資が可能
  • 平均的なリターンを目指す

そのため、インデックス投資の人気がなくなることは考えにくいでしょう。

ブラックロックのCEOは、企業に対して社会的責任を果たすように訴えたりもしていますが、ファンドマネージャーの力が強くなれば、株主総会も形骸化する可能性があるでしょう。

願わくば、多くの機関投資家がインデックス投資を導入し、多くのファンドマネージャーが経営に口出しできるようになれば、コーポレート・ガバナンスも正常に機能するでしょう。

他の企業には、インデックス投資の商品開発を頑張ってもらいたいところですね。

良い商品が開発されれば、その分だけ投資家も潤います

これからのインデックス投資の動向にも目が離せないですね。

以上、インデックス投資の人気が高まると起こりうる懸念を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 コストが安いネット証券は投資の利益が出しやすい?

投資信託は実質コストが安い方が複利効果によって利益が出しやすいです。

実際に1000万円を元手にコストが年率0.2%と年率0.6%では、30年後に400万円以上の違いが出ることもあります。

賢く投資をするなら、実質コストが安い証券口座がオススメ。

特に、楽天証券とSBI証券は両社とも日本国内では優れたネット証券です。証券口座開設が無料であり、自宅で手軽に開設できます。それぞれに下記のような特徴があるので、二つの口座を開設して持っておくのが良いでしょう。

▼楽天証券「ポイントがえげつないほどたまり二重で投資できる」

実質コストを下げるならポイント還元が1%されたり、他にもポイントが溜まってポイントで投資ができる楽天証券がオススメです。

  • 楽天カードで溜まったポイントでポイント投資が簡単にできる!
  • クレジットカードで毎月5万円の積立投資で最大500P!
  • 楽天市場での購入が+1%還元される楽天SPUの仲間入りも!

楽天証券の詳細はこちら

▼SBI証券「海外ETFでのインデックスファンド投資は最安」

インデックスファンドを国内ではなく海外のETFを購入したい方や、100万円以上の資金を定期的に積立たいという人は、SBI証券が最もおトクに投資できます。

  • 海外ETFを購入は0.45%で楽天証券・マネックス証券と同じですが、100万円以上購入時の為替手数料が安い
  • 海外ETFにも定期買い付けサービスあり。ほったらかし運用も可能
  • インデックスファンド以外にも投資をしたい人はSBI証券がオススメです

SBI証券の詳細はこちら

「資産形成がしたい…」

年金問題や老後に危機感を感じるサラリーマン向けに、インデックスファンド投資講座をWeb上で開催中

インデックスファンドの特徴は手堅く資産を築くこと!

 投資講座ガイダンス:サラリーマンに投資がオススメな理由?投資のメリットは稼げるだけじゃない!

【サラリーマンが投資する理由】月5万円の投資で年収1.3倍になる可能性アリ!
「投資をする理由ってなんだろう?」 「なぜ投資をするのかな?」 サラリーマンが投資をした方が良い理由は、時給...

 投資講座第1回:投資の種類を理解しよう!リスクが高いものから収益性の高いものまで完全網羅!

投資の種類とリスクから考える!忙しくてリスク嫌いなサラリーマン向けの投資の最適解とは?
「投資の種類ってなにがあるのかな?」 「一番儲かるものって何があるのかな?」 投資を探すときに、儲かる投資を...

 投資講座第2回:サラリーマンにはインデックスファンドが圧倒的にオススメな理由

インデックス投資は最強?サラリーマンが25年間の毎月15万の積立で1億円も可能
サラリーマンにインデックスファンドがオススメな理由を解説!10年利回りが10%?分散も簡単で手数料もやすい。インデックスファンドについてを解説しました。

 投資講座第3回:インデックスファンドとアクティブファンドってどっちの方が稼げるの?

アクティブファンドはインデックスファンドにボロ負け!アクティブ運用とパッシブ運用の違いとは?
アクティブファンドは株価指数などより高い運用成績をプロが目指すファンドです。インデックスファンドは株価指数などと同等の値動きを目指すファンドです。アクティブファンドはインデックスを下回った成績が多いです。両者の違いや原因を解説しました。

 投資講座第4回:長期的なインデックスファンド投資を行う理由は複利にあり!!

【投資信託の複利効果】インデックスファンドで189%増の資産構築をする方法
複利が効果的に働けば資産が189%増もあり得ます。預金に預けてもお金は増えません。インデックスファンドで運用するなら複利効果を知っておくべき。複利を効果的に働かすには、情報、節約、収入アップ、値動き分散が大切です。

 投資講座第5回:長期的に手堅く稼ぐのに絶対に欠かせない分散投資って何?

【分散投資を徹底理解】資産を分散してリスクを回避する方法?
分散投資は聞いたことあるけど、どうやって良いかわからない…。結論は、投資初心者はインデックスファンドの積み立て投資がオススメです。分散の方法やメリットなどを解説してみました。

 投資講座第6回:利率を優先する?元手を増やす?結局は入金力がすべて

【投資は入金力】年利と積立額はどっちが大切でしょうか?実は年収UPが資産構築には重要なんです
「いま、投資をしたら下げ相場だからマイナスになってしまう可能性もあるな…」 「どの金融商品に投資をすれば良いのかな...

 投資講座第7回:インデックスファンド積立投資を初めて気づいたこと

積立投資を実際にはじめて実感したこと【メリットや優位性】
「積立投資って実際どうなの?」積立投資で気になる、実感したことをリアルにまとめてみました。メリットはマインドが変わること、実際にやってみてわかった、積立投資の優位性も解説中。

 投資講座第8回:ETFでもインデックス投資できるけどどちらの方がおトクなの?

ETFと投資信託の違いとは?月5万円以上投資するなら米国株ETFを始めよう
「インデックスに投資をするけど、ETFとインデックスファンドどちらが良いのか?」 「インデックスファンドとETFの...

 投資講座第9回:投資は計画がすべてと言っても過言ではない!資産運用計画の立て方とは?

資産運用は計画がすべて!損する可能性を未然に防ぐ投資計画の立て方
投資を始めようと思ったら、資産の運用計画を作りましょう。資産の運用計画があれば、損する可能性を未然に防げます。計画がない場合、流行りの投資に手を出し損を出し、マーケットノイズによって、無駄な売買コストをかけ投資元金を減らすでしょう

 投資講座第10回:銘柄選びよりも大切なのは株式と債権の比率?資産配分の考え方とは?

投資利益の9割は資産運用の割合で決まる!資産配分の決め方とは?
「資産運用を始めようと思うけど、資産の配分はどうしようかな?」 「どのような資産配分が効果的なの?」 投資を...
タイトルとURLをコピーしました