インデックス投資はおすすめの投資法!初心者・投資嫌いはインデックス投資から始めよう

「老後資金は不安だけど、投資ってなんか嫌いなんだよね」

「投資初心者だけど、どのような投資をすればよいのかな?」

私が、投資初心者や投資嫌い、損するのが嫌いな人におすすめしているのが長期のインデックス投資です。

インデックス投資とは、市場全体に投資をする投資法です。

例えば、アメリカのS&P500というインデックスに投資をしている場合は、アメリカの主要な全体に投資をしていますし、日経平均225というインデックスに投資をする場合は、日本の代表的な企業全体に投資をしているわけです。

投資初心者や投資嫌い、損するのが嫌な人におすすめできる理由を一言で言えば、経済が成長していくからです。

つまり、長期的に保有をしている間に経済が成長すれば、その間に株価が成長するため、利益を得やすくなるからなのです。だから、老後資金を用意するのにインデックス投資はおすすめできます。

ちなみに、アメリカでは401Kという個人の確定拠出年金は自動加入であり、その運用商品は、バランスファンド型で、ターゲット・イヤー・ファンド型の投資信託での運用が多くなっています。

よくわからない言葉が増えていて申し訳ないですが、簡単にいえば、アメリカでは年金について何も意識がない人間でも、インデックス投資で運用されています。それを政府が認めているわけです。

今回は、より具体的に投資嫌い・投資初心者・損を出したくない人向けに、インデックス投資がなぜおすすめなのか、その理由を解説したいと思います。

この記事で学べることは?

  • 投資嫌いな人向けのインデックス投資がおすすめな理由が学べる
  • 投資初心者向けのインデックス投資がおすすめな理由が学べる
  • 投資で損するのが嫌いな人向けのインデックス投資がおすすめな理由が学べる
スポンサーリンク

インデックス投資は「投資嫌い」な人にもおすすめ

投資嫌いの原因は知識不足と誤解

投資嫌いの最大の原因は投資が身近にないことでブラックボックス化していることです。

日本人は投資などのパーソナルファイナンスについては、勤めている会社が行なってくれました。

そのため、個人が投資をする必要もなく知識を身につける必要もなかったのです。

さらに、投資で損をした人はメディアに取り上げられたり、持ち前の日本の文化である楽して儲けるのは悪だという風潮が投資嫌いの原因にもなっているのです。

今回紹介するインデックス投資は楽して儲ける部類の投資ではないです。しかし、投資と聞くと、投機的な投資も一緒くたに説明されてしまうのです。

こういった、投資に対する誤解が投資嫌いに拍車をかけているのでしょう。

インデックス投資は経済の成長に投資する

インデックス投資が投資嫌いの人におすすめな理由は、楽して儲けようという投機的な投資とは異なるからです。

投機と投資は全く違う言葉です。

  • 投機:市場サイクルの変動により短期的な儲けを目指す
  • 投資:経済成長により長期的な儲けを目指す

投機的な投資は、人を出し抜いて儲けることを意味しています。しかしながら、投資の場合は経済成長により長期的な儲けを目指すため、投資したあと、持ち続ける忍耐力が必要です。

インデックス投資は経済の成長に投資する方法です。

例えば、日経平均225のインデックスに投資する場合は、日本に投資をしていることに近い意味があります。

また、S&P500に投資する場合は、米国に投資しているのに近い意味があります。

インデックス投資の具体的な商品で言えば、VTIという商品はアメリカ全土に上場して購入できる株式4000銘柄をインデックスとしたものに投資をしています。

投資とは得体の知れないものだと思っている人でも、インデックス投資=市場への投資と考えれば、得体の入れないものであるという不安を解消できるのではないでしょうか。

また、インデックス投資は楽して儲ける投資ではありません。

経済成長に投資をするため、短期的では、成長幅が少なく、超長期的な投資を心がけなければ、儲けることは難しいのです。

損するのが嫌いな人にインデックス投資がおすすめな理由

投資中に一回もマイナスを作りたくないという投資そのものにはもちろん不向きですが、損するのが嫌いな人でもインデックス投資は、おすすめできる投資法です。

インデックス投資も短期的なサイクルで見れば損を出してしまう可能性があるでしょう。

しかし、長期的に見れば経済の成長を反映していく可能性が高く、持ち続けていれば、損を取り戻せる可能性が高いです。

下記は、S&P500のインデックス指数です。マイナスになっている時期もありますが、長期的に見れば堅調に右肩上がりに推移しているのがわかります。

つまり、あなたがインデックス投資をはじめた場合、損失が出てしまったら売らずに持ち続けていればよいのです。

なぜなら、経済が成長する限りは株式市場は、いずれ上昇する可能性が高いからです。

株式市場全体が上昇していけば、市場全体に投資をするインデックス投資で利益を出せる可能性も高まるでしょう。

損するのが嫌いでも分配金で得をする

長期間使わないようなお金であれば、高配当の株式や債権のインデックス投資を行うとよいでしょう。

インデックス投資を行う方法は、投資信託を購入するか、上場投資信託を購入するのかの2つの方法があります。

投資信託の購入であれば、分配金が出るような投資信託を購入しておけば、口座にお金が入金されることがあります。

ただし、投資信託の場合は、元金を解約しても分配金を支払うような、分配金もあるため、基本的には、自動的に分配金を再投資してくれるものを選択すると良いと思います。

一方、ETF(上場投資信託)の場合は、株式の配当金のように、分配金という形で保有口数に応じで配当収入が得られます。

投資が嫌いな人でも、実際に銀行の金利よりも高いお金が入ってくるので、投資嫌いの人でも投資好きになりやすいのです。

余談ですが、投資信託のように分配金を再投資する設定は、海外の証券口座にはありますが、日本の証券口座にはほとんどないのが現状です。

そのため、日本でETFを購入する場合は、必ず証券口座や銀行なんかに分配金が入金されることになります。

源泉徴収口座を設定している場合は約20%の税金が引かれて入金されます。

分配金が確実に吐き出されるということは、再投資するかしないかは自分で選ぶことになるため、お金が自分のものになったという実感が得やすいのです。

インデックス投資は金融のことがわからない投資初心者にもおすすめできる

インデックス投資は投資初心者にもおすすめできる投資法だと個人的には思っています。世界経済が成長するならインデックス投資をしておけば良いのです。

インデックス指数は多数のプロで最適化されている

S&P500や日経平均225などの株式指数はアメリカや日本を代表する銘柄が揃えられた株式指数になります。そのため、代表する銘柄の個別のやり取りがほとんど反映されていると考えて良いでしょう。

個別株投資よりもインデックス投資がおすすめなのは、プロの思考を使って投資ができるからです。

プロは、個人投資家ができないような、大企業への役員訪問や、アナリストとのミーティングなど、企業をかなり分析しています。

そのため、個別株で個人投資家がプロの投資家を出し抜こうと思っても、凡人にははっきり言って不可能でしょう。

できることといえば、デイトレの逆張りや、グラフの動きから規則性を見つけ出して投資をするくらいです。それでも失敗する可能性のほうが高いでしょう。

インデックス投資の場合は、個別株のプロの投資家のやりとりや思惑が全て反映されている株式指数に投資をします。

つまり、インデックス投資を行う素人は、いつの間にかプロの投資家のアドバイスを受けたような投資ができてしまうのです。

アメリカの個人年金の初期設定はインデックス投資

ちなみに、現在のアメリカの個人年金の初期設定はターゲット・イヤー・ファンド型の投資信託になっています。

実際に2007年頃から効力を発揮した、401Kの加入自動化により、それまでは定期預金での運用だったものが、意思表示をしない限りは、ターゲット・イヤー・ファンド型の投資信託で運用されるようになりました。

下記は、米国投信市場における退職貯蓄制度の役割から引用した米国のTDF(ターゲット・デート・ファンド)の資産残高の保有割合についてです。ほとんどが401Kで運用されていることがわかります。

※ちなみに、TDFはターゲット・イヤー・ファンドやライフサイクル型のファンドとも呼ばれています。投資家のライフサイクルの変化とともに、ファンド自身がファンドのリスク量を調整していくファンドのことです。

つまり、アメリカ人は意図せずに年金を投資信託で運用している人もかなりの数の人がいるということなのです。

アメリカ人の資産は3.3倍だが日本人は1.5倍…その原因は?

金融庁が発行している金融レポートによると、日本の家計資産は20年で1.5倍にしかなっていないのに対し、米国は20年で3.3倍まで増えたといいます。

どこで差がついたのかというと、運用リターンの部分だそうです。

日本は運用ではなく、預金として持っている人が多いため、運用リターンでの家計資産の増加は少ないのでしょう。

逆に、アメリカでは年金制度の改正にともなって、気づかないうちに投資信託で運用する人が増加しました。

その結果、投資信託での運用リターンが得られるので、家計資産が増加していくのでしょう。

短期的に儲けようという人はインデックス投資はおすすめできない

インデックス投資は、

  • 投資嫌い
  • 損したくない
  • 投資初心者

におすすめだといいました。つまり、デイトレーダー意外の個人投資家には誰にでもインデックス投資がおすすめだということです。

しかしながら、インデックス投資がおすすめではない人種もいます。それは、短期的に儲けることが目的の人です。

インデックス投資は短期的な投機とは違い、全く儲かりません。そのため、どちらかというと、損をしたくないような堅実的な投資を好む人に向いています。

短期的に儲けることを目指して投資をする人はインデックス投資は辞めておきましょう。

インデックス投資がなぜ、長期的に儲かるのかは下記の記事をどうぞ。

「インデックス投資は儲からない」という短絡的な思考はインデックス投資の本質を理解していない
「インデックス投資って儲からないのかな?」 「儲からないインデックス投資のメリットってなに?」 インデックス...

インデックス投資は投資に興味ない万人におすすめな最強の投資術

インデックス投資は投資に興味がない人におすすめしたい最強の投資術です。

インデックス投資は投資初心者でもプロのように投資することが可能になり、自分が個別株を選ぶよりも、平均利回りと同じように運用することが可能になるでしょう。

経済が成長すると考えるならば、インデックス投資が素人でも、投資が嫌いでも、損が嫌いな人にも理にかなった投資になるのです。

とはいえ、本当に1ミリも損を出したくない人は、預金や元本保証型の商品が良いのかなとは思いますが、インフレリスクを理解してから、投資について考えても良いかもしれません。

貯金でも損するインフレリスクの回避法とは?30年3%のインフレ率は資産価値が半分になる!
投資は損するから怖いと思っても、貯金をしてもインフレで資産価値が目減りします。実際に30年間インフレ率3%が続くと資産価値が50%下落します。インフレのリスクを回避する方法とは?

インデックス投資は最強の投資術です。ぜひ、インデックス投資について勉強し、少しずつはじめてみてはいかがでしょうか?

インデックス投資は最強?サラリーマンが25年間の毎月15万の積立で1億円も可能
サラリーマンにインデックスファンドがオススメな理由を解説!10年利回りが10%?分散も簡単で手数料もやすい。インデックスファンドについてを解説しました。

以上、インデックス投資はおすすめの投資法!初心者・投資嫌いにインデックス投資がおすすめな理由を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。