最近の投資家は利回りよりリスク分散?米国の成長株投信から資金が流出している理由

最近の投資家は利回りよりリスク分散?米国の成長株投信から資金が流出している理由

「やっぱり米国株式市場が儲かるのかな?」

「これからはテクノロジー系がくるのでは?」

株式投資をする人は、稼ぐことを目的に投資をはじめるでしょうが、稼ぐことを目的にした投資は損する可能性が高く儲かりません。

最近の、株式市場や債券市場の資金の流れを見ると、儲かることを目指すよりも、リスクを取らずに安定的な成長を目指す風潮が強いです。

投資信託のニュースサイトで有名なMorning Starのサイトに、最近のファンドの資金の流れが書いていたのでご紹介します。

スポンサーリンク

長期的なインデックスファンドの平均利益は高いが嫌われる

長期的に投資をする株式インデックスファンドの5年間の平均利回りは、

  • Large Growth Fund(長期的に成長株に投資するファンド):10.2%の成長
  • Large Blend Fund(長期的に成長株と割安株に投資するファンド):9.2%の成長

と異常なまでに素晴らしい利回りを記録しています。

本来であれば、そこまで素晴らしい利回りを記録しているのでは、Large Growth Fundに資金が流入してくるはずです。

しかし、Large Growth Fundからは、2018年10月は24兆円ほども資金を引き出したとされています。これは、他のカテゴリのファンドの流出額を全て合計した数字よりも大きい数字です。

一方で、割安株にも投資するLarge Blend Fundは36兆円の資金の流入がありました。これは、成長株が高すぎたのを嫌って、割安株にも投資する傾向が高まってきたのでしょう。

儲けではなくリスクを懸念して分散投資が始まっている

これからの投資家は儲けを考えるだけでなく、幅広い分散に対も考えています。

なぜなら、ここまで成績が高かった米国株式だけではなく、米国外の国に投資をする世界株や、債権などへの流入も増えているからです。

平均利回りが10.6%のLarge Growth Fundからの資金流出がありました。

しかし、過去5年間で下記の債権や世界株は資産流入額が増えています。

  • 5年間で70兆円が国際的なファンドに投資に流入
  • そのうち62兆円がパッシブ運用に投資
  • 5年間で82兆円が国債に流入

株式よりも成長が悪い世界株や債権などの資金流入が増えていることを考えると、世界の投資家は米国株の利回りが実態よりも高すぎることを懸念して、世界株や国際に分散していると考えるべきでしょう。

稼ぐ投資からリスク回避の分散に移行した背景は?

従来の投資信託は稼ぐことが第一であり、アクティブにガンガン投資をするものが好まれていました。

フィデリティ投信のマゼランファンドは驚異的なパフォーマンスをあげていましたし、その結果としてアクティブファンドが好まれたのでしょう。

しかし、最近では分散投資をパッシブに運用するものへの資産比率が高まっています。この原因は、

  • 401Kによるターゲットファンドの導入で比率が勝手に変わっている
  • アドバイザーがパッシブファンドを勧めるようになった

と言われています。

ターゲットファンドにより資産配分が自動で切り替わる

ターゲットファンドとは、投資信託の購入者に応じて、勝手に資産配分が変わるものです。

若いときは、長期的な投資でありリスクを取れるため、株式比率が高いです。

しかし、歳を取ってくれば、給与所得がなくなり、ファンドを解約して生活費に充てることも増えてくるでしょう。

その場合、リスクが高い投資の場合は損をする可能性が高いので、株式比率を下げて、債権の比率を上げる必要があります。

この資産バランスの配分をファンド側が勝手に行ってくれるのがターゲットファンドの特徴なのです。

投資は資産配分が利益の9割を決めますからね。定期的にメンテナンスすることも大切ですね。

資産配分効果が投資利益の9割を決める!投資の理想的な資産配分比率とは?
「資産運用を始めようと思うけど、資産の配分はどうしようかな?」 「どのような資産配分が効果的なの?」 投資を...

アドバイザーがパッシブ運用を推奨する

さらに、昔の投資アドバイザーは購入時手数料を取ることが目的だったため、アクティブファンドを強く推進する人がほとんどでした。

現在はアクティブファンドでは資産が増えないことに気づいたアドバイザーが、パッシブ運用であるインデックスファンドを推奨するという背景もあるなど、投資を取り巻く変化が色々と変わってきたのです。

【銀行の投資信託】銀行で購入の投信の内48%が損した理由は銀行の経営にあり
「銀行の投資で46%が損したっていうニュース知ってる?」 「投資したほうが良いって言われるけど、銀行での投資ってど...

低コスト、分散、利益追求を辞める人の増加

昔は「〜テクノロジー」という名前が入っていれば、儲かると思って人が殺到する時代がありました。

今は儲かるために投資をするというよりは、低コストで分散して堅実に利益を増やそうと考えている投資家が増えています

長期的な視点で考えたらインデックスファンドの運用を主軸に置くのは、効率的な資産形成です。アクティブファンドはコスト高と税金高によって、損を出しやすいファンドですからね。

アクティブファンドはインデックスファンドにボロ負け!アクティブ運用とパッシブ運用の違いとは?
アクティブファンドは株価指数などより高い運用成績をプロが目指すファンドです。インデックスファンドは株価指数などと同等の値動きを目指すファンドです。アクティブファンドはインデックスを下回った成績が多いです。両者の違いや原因を解説しました。

稼ぐことよりも大切なのはリスク分散と堅調な資産形成

現在の投資家の流れは、株式市場がうまく行き過ぎている結果、暴落の兆しが見えたことにより、売却をして利益確定をしているという風に見ることもできます。

この5年以上の右肩上がりの成長は、はっきり言って異常です。

一生この利回りが続くことはありません。

投資家は、そろそろ暴落する可能性を察知考えてリスク分散している可能性も高いです。

最近で言えば、長期の国債の利回りを短期の国債が上回る「逆イールド現象」が発生したとか言われていますね。

「逆イールド現象」は、景気が悪くなるときに出てくる兆候の一つとも言われています。

そろそろ本当に暴落がくるのかもしれませんが、私みたいな、一般的な個人投資家はそこまで相場に張り付いて売りぬけることもできないので、愚直にインデックスファンドに積立投資をして、配当金で良い思いしたいなと思います。

暴落したら色々と購入したいところですね。

以上、最近の投資家が利回りよりもリスク分散で堅調な資産形成を求めているという話でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 コストが安いネット証券は投資の利益が出しやすい?

投資信託は実質コストが安い方が複利効果によって利益が出しやすいです。

実際に1000万円を元手にコストが年率0.2%と年率0.6%では、30年後に400万円以上の違いが出ることもあります。

賢く投資をするなら、実質コストが安い証券口座がオススメ。

特に、楽天証券とSBI証券は両社とも日本国内では優れたネット証券です。証券口座開設が無料であり、自宅で手軽に開設できます。それぞれに下記のような特徴があるので、二つの口座を開設して持っておくのが良いでしょう。

▼楽天証券「ポイントがえげつないほどたまり二重で投資できる」

実質コストを下げるならポイント還元が1%されたり、他にもポイントが溜まってポイントで投資ができる楽天証券がオススメです。

  • 楽天カードで溜まったポイントでポイント投資が簡単にできる!
  • クレジットカードで毎月5万円の積立投資で最大500P!
  • 楽天市場での購入が+1%還元される楽天SPUの仲間入りも!

楽天証券の詳細はこちら

▼SBI証券「海外ETFでのインデックスファンド投資は最安」

インデックスファンドを国内ではなく海外のETFを購入したい方や、100万円以上の資金を定期的に積立たいという人は、SBI証券が最もおトクに投資できます。

  • 海外ETFを購入は0.45%で楽天証券・マネックス証券と同じですが、100万円以上購入時の為替手数料が安い
  • 海外ETFにも定期買い付けサービスあり。ほったらかし運用も可能
  • インデックスファンド以外にも投資をしたい人はSBI証券がオススメです

SBI証券の詳細はこちら

「資産形成がしたい…」

年金問題や老後に危機感を感じるサラリーマン向けに、インデックスファンド投資講座をWeb上で開催中

インデックスファンドの特徴は手堅く資産を築くこと!

 投資講座ガイダンス:サラリーマンに投資がオススメな理由?投資のメリットは稼げるだけじゃない!

【サラリーマンが投資する理由】月5万円の投資で年収1.3倍になる可能性アリ!
「投資をする理由ってなんだろう?」 「なぜ投資をするのかな?」 サラリーマンが投資をした方が良い理由は、時給...

 投資講座第1回:投資の種類を理解しよう!リスクが高いものから収益性の高いものまで完全網羅!

投資の種類とリスクから考える!忙しくてリスク嫌いなサラリーマン向けの投資の最適解とは?
「投資の種類ってなにがあるのかな?」 「一番儲かるものって何があるのかな?」 投資を探すときに、儲かる投資を...

 投資講座第2回:サラリーマンにはインデックスファンドが圧倒的にオススメな理由

インデックス投資は最強?サラリーマンが25年間の毎月15万の積立で1億円も可能
サラリーマンにインデックスファンドがオススメな理由を解説!10年利回りが10%?分散も簡単で手数料もやすい。インデックスファンドについてを解説しました。

 投資講座第3回:インデックスファンドとアクティブファンドってどっちの方が稼げるの?

アクティブファンドはインデックスファンドにボロ負け!アクティブ運用とパッシブ運用の違いとは?
アクティブファンドは株価指数などより高い運用成績をプロが目指すファンドです。インデックスファンドは株価指数などと同等の値動きを目指すファンドです。アクティブファンドはインデックスを下回った成績が多いです。両者の違いや原因を解説しました。

 投資講座第4回:長期的なインデックスファンド投資を行う理由は複利にあり!!

【投資信託の複利効果】インデックスファンドで189%増の資産構築をする方法
複利が効果的に働けば資産が189%増もあり得ます。預金に預けてもお金は増えません。インデックスファンドで運用するなら複利効果を知っておくべき。複利を効果的に働かすには、情報、節約、収入アップ、値動き分散が大切です。

 投資講座第5回:長期的に手堅く稼ぐのに絶対に欠かせない分散投資って何?

【分散投資を徹底理解】資産を分散してリスクを回避する方法?
分散投資は聞いたことあるけど、どうやって良いかわからない…。結論は、投資初心者はインデックスファンドの積み立て投資がオススメです。分散の方法やメリットなどを解説してみました。

 投資講座第6回:利率を優先する?元手を増やす?結局は入金力がすべて

【投資は入金力】年利と積立額はどっちが大切でしょうか?実は年収UPが資産構築には重要なんです
「いま、投資をしたら下げ相場だからマイナスになってしまう可能性もあるな…」 「どの金融商品に投資をすれば良いのかな...

 投資講座第7回:インデックスファンド積立投資を初めて気づいたこと

積立投資を実際にはじめて実感したこと【メリットや優位性】
「積立投資って実際どうなの?」積立投資で気になる、実感したことをリアルにまとめてみました。メリットはマインドが変わること、実際にやってみてわかった、積立投資の優位性も解説中。

 投資講座第8回:ETFでもインデックス投資できるけどどちらの方がおトクなの?

ETFと投資信託の違いとは?月5万円以上投資するなら米国株ETFを始めよう
「インデックスに投資をするけど、ETFとインデックスファンドどちらが良いのか?」 「インデックスファンドとETFの...

 投資講座第9回:投資は計画がすべてと言っても過言ではない!資産運用計画の立て方とは?

資産運用は計画がすべて!損する可能性を未然に防ぐ投資計画の立て方
投資を始めようと思ったら、資産の運用計画を作りましょう。資産の運用計画があれば、損する可能性を未然に防げます。計画がない場合、流行りの投資に手を出し損を出し、マーケットノイズによって、無駄な売買コストをかけ投資元金を減らすでしょう

 投資講座第10回:銘柄選びよりも大切なのは株式と債権の比率?資産配分の考え方とは?

資産配分効果が投資利益の9割を決める!投資の理想的な資産配分比率とは?
「資産運用を始めようと思うけど、資産の配分はどうしようかな?」 「どのような資産配分が効果的なの?」 投資を...