【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFで米国全土にまとめて投資!

【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFで米国全土に一括投資!

「アメリカに広く分散投資をしたいな」

「お手軽に最も利益が出やすいアメリカへの投資方法はなんだろう?」

経済の成長を牽引しているのは他ならぬアメリカでしょう。アメリカを代表する企業は世界各国に拠点があり、グローバルなビジネスを展開しています。

そのため、アメリカに投資をするというのは、世界に投資をするのとほぼ同義だと考えています。

しかし、アメリカを代表する企業ばかりに投資をすると、その企業がコケた時に投資金額がガタガタに崩れてしまうでしょう。できることなら、アメリカ全土に投資をしたいですよね。

アメリカ全土に投資をするのにおすすめなETFの一つとして、バンガード・トータル・ストック・マーケットETFがあります。

アメリカの投資可能な会社約4000社に投資をしているETFなので、このETF1つでアメリカ全土に投資をしているのです。

今回は、【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFについて解説します

スポンサーリンク

VTIがおすすめな人

VTIがおすすめな人は下記の通りです

  • アメリカに広く分散投資したい
  • 大型・中型・小型株に幅広く投資したい
  • 経費率は圧倒的に下げたい
  • 配当収入よりは売買益が欲しい
  • 配当も少しばかりほしい

VTIの直近のチャートは

VTIの直近のチャートは下記の通りです。

引用:Vanguard Total Stock Market ETF (VTI)

このように堅調に右肩上がりで上がってきているのがVTIの特徴と言えるでしょう。

トータルリターンは下記の通りです。

2018年現在の時点で、トータルリターンも設定来平均して7%を維持し続けています。

VTIの配当金は?実際にいくらもらえるの?

2018年12月のVTIの直近配当利回りは2.10%でした。

そのため、1万円を投資すれば年間で210円が稼げる計算になります。

それぞれの投資額で考えると下記の通りです。

  • 10万円:2,100円
  • 100万円:21,000円
  • 1000万円:210,000円

上記の金額から、税金分を引いた金額が実際の収入になります。振り込まれるのです。

ちなみに、毎月10万円(税引き前)の配当金を得ようとすると投資額は5600万円ほど必要になります。

税金のことを考慮すると、およそ7000万円ほど必要になります。

ちなみに、直近利回りはVTIの市場価格によって変動するので注意が必要です。下記を見ていただければわかる通り、分配金の金額が変わっていることがわかります。

VTIの特徴は?

VTIの特徴は、圧倒的に安いコストで幅広く投資をしている。バイアンドホールドのETFです。

経費率は最安水準の0.04%

ファンドを保持するときにかかる年間のコストである経費率。VTIは、ETFの中でも最安水準の0.04%です。

カテゴリーの平均経費率が0.36%ということを考えると、かなり経費率が安いと言えるでしょう。

経費率が安ければ、その分だけコストが元本に食われないということになります。その方が、配当金再投資を行った時の複利効果にもより高い期待が持てるのです。

売買回転率の低さも圧倒的

コストの面ではあまり考える必要はありませんが、売買回転率が低いのも特徴の一つになるでしょう。

同じカテゴリの平均売買回転率が5%なのに対して、2018現在のVTIの売買回転率は3%程度です。

売買回転率が低いということは、銘柄の入れ替えが少ないということなので、平均回帰性を利用するのに特化しているとも言えるでしょう。

組み入れ銘柄は4000社!米国で投資可能なほぼすべての銘柄に投資

VTIはCRSP US トータルストックという指標を元に作成しています。

アメリカ全土に投資をするならS&P500を指標とするETFで良いのではと思うでしょう。実は、CRSP US トータルストックの最大の違いは中小型株の多さです。

CRSP USトータルストックのおもしろい点は、アメリカ全土で投資可能な会社ほとんどが含まれているという点です。その数なんと4000社以上。

S&P500はアメリカを代表する500社が厳選されているため、大企業中心の指標となります。そのため、中型・小型株の成長を享受することができません。

一方、CRSP US トータルストックの場合は、中型・小型株が豊富に含まれています。そのため、大企業の安定性と同時に、中型・小型株の成長も享受できます。

ただ、VTI自体とS&P500指数を比べてみても、そこまで値動きに差異はありません。

Yahoo financeで比較してみまいしたが、値動きもみてもあまり違いはありませんでしたね…。

組み入れ業界はテクノロジー系が多め

2018年12月現在の組み入れ比率ですが、テクノロジーと金融系が多めです。

Technology19.90%
Financials19.50%
Health Care13.60%
Consumer Services13.40%
Industrials12.90%
Consumer Goods7.90%
Oil & Gas5.50%
Utilities3.00%
Basic Materials2.40%
Telecommunications1.90%

組み入れ上位銘柄はテクノロジー系の企業が多い

VTIには、今をときめくテクノロジー系の企業も多数入っているのがVTIの特徴です。

GAFA企業やNetflixなど、成長著しい企業も入っているため、値上がり益が期待できるでしょう。

Apple Inc.3.40%
Microsoft Corp.3.00%
Amazon.com Inc.2.40%
Alphabet Inc.2.30%
Berkshire Hathaway Inc.1.50%
Johnson & Johnson1.40%
JPMorgan Chase & Co.1.30%
Facebook Inc.1.30%
Exxon Mobil Corp.1.20%
Bank of America Corp.0.90%

VTIとVYMはどちらを投資するべきなのか

VTIとVYMについて、どちらに投資するべきなのか悩んでいる人も多いでしょう。

個人的には、あなたの投資哲学に論理性を重視するのか、感情を重視するのかによって選択は異なると思います。

もしも、あなたが論理性を重視するのであれば、トータルリターンを重視したVTIがおすすめでしょう。

VTIは堅調に右肩上がりで成長し続けているため、価格の値上がりによる売買益と配当金収益の両方が望めるからです。

一方で、感情を重視する場合ならば、高配当金が望めるVYMがおすすめです。

VYMも右肩が上がりで成長していますが、どちらかといえば配当金を重視した投資対象のため、直近配当利回りを比べてみると1%弱高めに設定されています。

不景気で値下がりした時に、配当金が多く入ると嬉しいものですね。そういう感情的なことに配慮して、配当金をたくさん受け取りたいと考える人はVYMがおすすめです。

ちなみに私は、迷っているなら両方投資すれば良いんじゃないの?っていう考えです。VTIとVYMはそれぞれに素晴らしい特徴があります。

米国株偏重になってしまいますが、アメリカが終わったら世界経済も終わるというのが、現状の私のスタンスなため、VTIとVYM両方に投資しても良いかなと個人的には思っています。

VTIのまとめ

VTIについてまとめると下記の通りです。

  • アメリカ全土の投資可能な4000社に分散投資が可能
  • トータルリターンは高配当ETFに比べると高め
  • テクノロジーと金融系の企業が多い
  • S&P500指数とVTIの値動きもさほどの違いはない
  • 中小型株も多く含まれているので成長を享受したい人には良いのでは?

最後まで読んでいただきありがとうございました!

VTIの買い方は?

VTIはニューヨーク証券取引所に上場している、海外ETFです。

そのため、購入するには証券会社を介して購入する必要があります。

米国株と同じ扱いですので、購入時には証券会社に手数料を払う必要があります。

しかし、NISAの対象になっているので、手数料がかからずに購入することも可能です。5年間限定ですが、売却益も非課税になります。配当金も株式数比例配分方式にすれば、非課税になります。

ETFを購入する際にはNISAをうまく活用して購入すると良いでしょう。

ただし、ETFであるVTIは2018年12月では、1株あたり約2万円での購入になります。2万円は高いなぁと思われる場合は、楽天全米株式インデックスファンドという投資信託がおすすめです。

楽天全米株式インデックスファンドはVTIに投資する投資信託です。その分手数料は掛かりますが、100円から購入可能で、投資信託の購入はETFに比べて圧倒的に手間が少ないので魅力的ですよね。

以上、【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFについて解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 コストが安いネット証券は投資の利益が出しやすい?

投資信託は実質コストが安い方が複利効果によって利益が出しやすいです。

実際に1000万円を元手にコストが年率0.2%と年率0.6%では、30年後に400万円以上の違いが出ることもあります。

賢く投資をするなら、実質コストが安い証券口座がオススメ。

特に、楽天証券とSBI証券は両社とも日本国内では優れたネット証券です。証券口座開設が無料であり、自宅で手軽に開設できます。それぞれに下記のような特徴があるので、二つの口座を開設して持っておくのが良いでしょう。

▼楽天証券「ポイントがえげつないほどたまり二重で投資できる」

実質コストを下げるならポイント還元が1%されたり、他にもポイントが溜まってポイントで投資ができる楽天証券がオススメです。

  • 楽天カードで溜まったポイントでポイント投資が簡単にできる!
  • クレジットカードで毎月5万円の積立投資で最大500P!
  • 楽天市場での購入が+1%還元される楽天SPUの仲間入りも!

楽天証券の詳細はこちら

▼SBI証券「海外ETFでのインデックスファンド投資は最安」

インデックスファンドを国内ではなく海外のETFを購入したい方や、100万円以上の資金を定期的に積立たいという人は、SBI証券が最もおトクに投資できます。

  • 海外ETFを購入は0.45%で楽天証券・マネックス証券と同じですが、100万円以上購入時の為替手数料が安い
  • 海外ETFにも定期買い付けサービスあり。ほったらかし運用も可能
  • インデックスファンド以外にも投資をしたい人はSBI証券がオススメです

SBI証券の詳細はこちら

「資産形成がしたい…」

年金問題や老後に危機感を感じるサラリーマン向けに、インデックスファンド投資講座をWeb上で開催中

インデックスファンドの特徴は手堅く資産を築くこと!

 投資講座ガイダンス:サラリーマンに投資がオススメな理由?投資のメリットは稼げるだけじゃない!

【サラリーマンが投資する理由】月5万円の投資で年収1.3倍になる可能性アリ!
「投資をする理由ってなんだろう?」 「なぜ投資をするのかな?」 サラリーマンが投資をした方が良い理由は、時給...

 投資講座第1回:投資の種類を理解しよう!リスクが高いものから収益性の高いものまで完全網羅!

投資の種類とリスクから考える!忙しくてリスク嫌いなサラリーマン向けの投資の最適解とは?
「投資の種類ってなにがあるのかな?」 「一番儲かるものって何があるのかな?」 投資を探すときに、儲かる投資を...

 投資講座第2回:サラリーマンにはインデックスファンドが圧倒的にオススメな理由

インデックス投資は最強?サラリーマンが25年間の毎月15万の積立で1億円も可能
サラリーマンにインデックスファンドがオススメな理由を解説!10年利回りが10%?分散も簡単で手数料もやすい。インデックスファンドについてを解説しました。

 投資講座第3回:インデックスファンドとアクティブファンドってどっちの方が稼げるの?

アクティブファンドはインデックスファンドにボロ負け!アクティブ運用とパッシブ運用の違いとは?
アクティブファンドは株価指数などより高い運用成績をプロが目指すファンドです。インデックスファンドは株価指数などと同等の値動きを目指すファンドです。アクティブファンドはインデックスを下回った成績が多いです。両者の違いや原因を解説しました。

 投資講座第4回:長期的なインデックスファンド投資を行う理由は複利にあり!!

【投資信託の複利効果】インデックスファンドで189%増の資産構築をする方法
複利が効果的に働けば資産が189%増もあり得ます。預金に預けてもお金は増えません。インデックスファンドで運用するなら複利効果を知っておくべき。複利を効果的に働かすには、情報、節約、収入アップ、値動き分散が大切です。

 投資講座第5回:長期的に手堅く稼ぐのに絶対に欠かせない分散投資って何?

【分散投資を徹底理解】資産を分散してリスクを回避する方法?
分散投資は聞いたことあるけど、どうやって良いかわからない…。結論は、投資初心者はインデックスファンドの積み立て投資がオススメです。分散の方法やメリットなどを解説してみました。

 投資講座第6回:利率を優先する?元手を増やす?結局は入金力がすべて

【投資は入金力】年利と積立額はどっちが大切でしょうか?実は年収UPが資産構築には重要なんです
「いま、投資をしたら下げ相場だからマイナスになってしまう可能性もあるな…」 「どの金融商品に投資をすれば良いのかな...

 投資講座第7回:インデックスファンド積立投資を初めて気づいたこと

積立投資を実際にはじめて実感したこと【メリットや優位性】
「積立投資って実際どうなの?」積立投資で気になる、実感したことをリアルにまとめてみました。メリットはマインドが変わること、実際にやってみてわかった、積立投資の優位性も解説中。

 投資講座第8回:ETFでもインデックス投資できるけどどちらの方がおトクなの?

ETFと投資信託の違いとは?月5万円以上投資するなら米国株ETFを始めよう
「インデックスに投資をするけど、ETFとインデックスファンドどちらが良いのか?」 「インデックスファンドとETFの...

 投資講座第9回:投資は計画がすべてと言っても過言ではない!資産運用計画の立て方とは?

資産運用は計画がすべて!損する可能性を未然に防ぐ投資計画の立て方
投資を始めようと思ったら、資産の運用計画を作りましょう。資産の運用計画があれば、損する可能性を未然に防げます。計画がない場合、流行りの投資に手を出し損を出し、マーケットノイズによって、無駄な売買コストをかけ投資元金を減らすでしょう

 投資講座第10回:銘柄選びよりも大切なのは株式と債権の比率?資産配分の考え方とは?

投資利益の9割は資産運用の割合で決まる!資産配分の決め方とは?
「資産運用を始めようと思うけど、資産の配分はどうしようかな?」 「どのような資産配分が効果的なの?」 投資を...