インデックス投資で失敗する人の特徴から学ぶ!失敗しない方法とは?

インデックス投資で失敗する人の特徴から学ぶ!失敗しない方法とは?

「インデックス投資って失敗するのかな?」

「インデックス投資で失敗しない方法は何かな?」

インデックス投資で失敗する人は存在します。

そりゃ、これだけ多くの人がインデックス投資を行っているんですから、むしろ失敗しないほうがおかしいです。

しかし、インデックス投資で失敗する人にはある特徴があります。

その特徴のために自分がインデックス投資で失敗したということすらわからずに、インデックス投資を否定する人も中には存在しています。

結論を言えば、超長期的にインデックス投資を行えば失敗する可能性は限りなく低いです。

むしろ、超長期的にインデックス投資を行っているのに失敗する場合は、人間の生産活動が全くされていないということになるので、経済的に危機的な状況でしょう。

今回は、インデックス投資で失敗する人の特徴と失敗しない方法について解説します。

この記事で学べることは?

  • インデックス投資で失敗する人の特徴が学べる
  • インデックス投資で失敗しない方法が学べる
  • インデックス投資で超長期的に投資すれば失敗しない理由が学べる
スポンサーリンク

インデックス投資で失敗する人の特徴

インデックス投資で失敗したくないと思っていても失敗してしまう。インデックス投資で失敗する人の特徴を解説しました。

毎日マーケットを見て一喜一憂する人

日々マーケットに一喜一憂する人はインデックス投資で失敗しやすいです。インデックスでも4年に1度くらいは20%くらいの下落を経験するときがあります。

それと同じようにインデックス投資をしていると、市場価格が上昇することもあります。

そういった暴落、上昇のタイミングで一喜一憂している人は、インデックス投資に失敗する可能性が高いです。

インデックス投資は市場に投資をして、経済的な成長を得ることが中心です。そのため、株価の下落や上昇は短期的な意味しかないので、一喜一憂しても仕方がないのです。

株価には平均回帰性が存在するので、下落の際にパニックになって売却してしまう場合、逆に上昇時のメリットを取り逃す可能性もあるのです。

インデックス投資を失敗しそうだなと考える場合は、株価の平均回帰性について今一度勉強すると良いでしょう。

投資の平均回帰性の無視は危険!市場平均に回帰する株式市場と長期投資の関係とは?
投資の平均回帰性を無視すると、損を確定させ、利益を得る機会を逃す可能性があります。投資は長期的なトレンドの平均に回帰すると言われますが、実際にはどうなのでしょうか?平均回帰性をうまく使った投資方法とは?

短期的に儲けたいと考えている人

インデックス投資は超長期的な投資により複利効果で莫大な富を得ることが目的です。そのため、インデックス投資は短期的に儲かるようにはできていません。

短期的に儲かりたい人は売り買いを頻繁に行う可能性もあります。その場合、売買コストのほうが高く付いてしまいます。

ビギナーズラックで最初の頃は儲かる場合もありますが、基本的に売買が増えれば増えるほど、利益を上げるのは難しくなってきます。デイトレーダーで生きているプロ以外には至難の業でしょう。

そのため、インデックス投資を行う場合、短期的に儲けたい人は、売買が多くなり失敗する可能性が高いのです。

変な小細工を行う人

インデックス投資の王道は、

  • バイ・アンド・ホールド
  • 毎月積立投資(ドルコスト平均法)

この2つを活用した投資法になります。

はっきり言って超地味な投資法で、ぶっちゃけつまらないです。しかしながら、変に小細工をした場合、インデックス投資で失敗する可能性が高くなります。

なぜなら、インデックス投資はリスクを排除するためにバイ・アンド・ホールド、毎月積立投資を行います。

毎月の積立のタイミングをずらしたり、自分で相場を読んで投資をするということをやると、市場平均以下の数字になる可能性が発生するからです。

もしも市場平均以下でも良いから、自分なりの相場観で少し小細工をしたいという場合には良いでしょう。実際に私も、私が思う相場の下落局面では、購入金額を増やしたりしています。

しかし、市場平均並に投資を行いたいとのであれば、変な小細工をするとインデックス投資は失敗します。

ドルコスト平均法の嘘? 一括投資の方がメリットある時も…リスク許容度による効率的な使い方
ドルコスト平均法は万能ではないが、初心者は必ずやるべき投資法です。ドルコスト平均法の嘘とは、利益最大化ではないという点です。しかし、守りの投資手法としてはドルコスト平均法は素晴らしいでしょう。投資は損をしないのが原則。ドルコスト平均法を解説

インデックス投資で失敗しない方法は

これまでインデックス投資で失敗する人の法則を見て来ました。今度はインデックス投資で失敗しない方法について解説したいと思います。

失敗する人の共通点を考えていけば、失敗しない方法が学べるでしょう。

買って忘れる

インデックス投資で失敗する人が毎日マーケットを見て一喜一憂する人と言いました。

毎日マーケットを見て一喜一憂する人は、

  • 損したときの辛さに耐えかねて売却してしまう
  • 得したときに利確しようと売却してしまう

このような理由で市場から離れていってしまうからです。

インデックス投資で失敗したくなければ、自分がインデックス投資をしていることを忘れるくらい、購入したら自分が投資したことを忘れればよいのです。

インデックス投資したことを忘れていれば、株価で一喜一憂することもありませんから、市場から退散することもないでしょう。毎月定期的に積み立てる以外は、株価を見ないように暮らすのが一番なのです。

鉄の掟:毎月買い付け日と金額などのルール化をする

インデックス投資で失敗しないためには毎月の定期的な購入が必要です。

しかし、相場を見たり株式ニュースを見たりすると、「今購入するのは得策じゃないかもな」と思って買い控えが起こる傾向があります。

実際に私も相場やニュースをいて、「今は購入するタイミングではない」と考えて投資機会を逃してしまい、あとで後悔するんですよね。

毎月の定期的な購入日と購入金額がルール化しましょう。私はルール化してから毎月の一定金額を定期的に積み立てることが出来ています。

私のルールは下記のとおりです、

  • 200日移動平均線を見て株価が下なら追加購入する(これは無駄な小細工です…)
  • 上記ではない場合、収入が銀行口座に入る前日には必ず購入する

無駄な小細工をしているのは、単純に少しだけインデックス投資を楽しみたいからです。ただ、基本的には収入が口座に入る前日に購入するようにしています。

こうすれば、投資でミスって生活資金が必要になったとしても翌日には収入が振り込まれているので、安心です。

私のルールは一例ですが、インデックス投資で失敗したくない人は鉄の掟のごときルールを決めておくと良いでしょう。

【投資初心者は何からはじめる?】失敗しない投資の7つのルール
投資初心者に向けた7つのルールは解説。NISAとiDeCoを学べ・銀行・証券会社の株は買うな・手数料が安いネット証券を活用・月1万から投資を始めよう・生活費2年分を残して全投資もOK・利益が出るまで手放すな・積立のインデックス投資がおすすめ

超長期的な視点で投資をする

最終的にインデックス投資で失敗したくないなら超長期的に投資しましょう。

変な話ですが、いくら評価損が出ていても、損失を確定させなければ評価損は評価のままです。

世紀の大暴落と言われた、リーマンショックで大打撃を受けた人も、持ち続けていれば約3年後くらいにはプラスに変わっています。

ここらへんについては株価暴落の歴史で解説しています。

【株価暴落の歴史】暴落が終わるのは最長で2.8年?日経平均とS&P500の暴落時の特徴とは?
株価暴落の歴史を知れば、暴落への心構えが身につきます。暴落で慌てているあなた。株価暴落の歴史を確認してみましょう。

株価が暴落しても、持ち続ければいずれ上がってきます。

特にインデックス投資のように限りなく指数に連動して動く場合には、一生成長しないなんてことは、人間の生産活動を否定することになり、資本主義の否定に近いでしょう。

世界人口は今後も伸びていくのに、全体の株価指数が上昇しないということは、世界人口の中で財やサービスを生産しない人が増えることになるのです。

いまがバブルだと思っていない場合は、定期的にコツコツと積み重ねて投資をし続ければ、長期的には失敗することはないと私は思っています。

だからインデックス投資をコツコツするわけですからね。

インデックス投資は超長期的に投資すれば失敗しない

人間が生きている限り生産的な活動を行うため、株価は緩やかに伸びていくでしょう。

それと同時に、超長期的な投資をすれば企業が生み出した利益を事業に再投資したり、個人投資家が配当金を再投資することで、複利効果が出てきます。

人間の生産的な活動と複利効果により、インデックス投資は超長期的に投資をすれば、失敗することはありません。

インデックス投資で失敗した人は、全て短期的に終わらせた人々なのです。

以上、インデックス投資で失敗する人の特徴と失敗を回避する方法を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 コストが安いネット証券は投資の利益が出しやすい?

投資信託は実質コストが安い方が複利効果によって利益が出しやすいです。

実際に1000万円を元手にコストが年率0.2%と年率0.6%では、30年後に400万円以上の違いが出ることもあります。

賢く投資をするなら、実質コストが安い証券口座がオススメ。

特に、楽天証券とSBI証券は両社とも日本国内では優れたネット証券です。証券口座開設が無料であり、自宅で手軽に開設できます。それぞれに下記のような特徴があるので、二つの口座を開設して持っておくのが良いでしょう。

▼楽天証券「ポイントがえげつないほどたまり二重で投資できる」

実質コストを下げるならポイント還元が1%されたり、他にもポイントが溜まってポイントで投資ができる楽天証券がオススメです。

  • 楽天カードで溜まったポイントでポイント投資が簡単にできる!
  • クレジットカードで毎月5万円の積立投資で最大500P!
  • 楽天市場での購入が+1%還元される楽天SPUの仲間入りも!

楽天証券の詳細はこちら

▼SBI証券「海外ETFでのインデックスファンド投資は最安」

インデックスファンドを国内ではなく海外のETFを購入したい方や、100万円以上の資金を定期的に積立たいという人は、SBI証券が最もおトクに投資できます。

  • 海外ETFを購入は0.45%で楽天証券・マネックス証券と同じですが、100万円以上購入時の為替手数料が安い
  • 海外ETFにも定期買い付けサービスあり。ほったらかし運用も可能
  • インデックスファンド以外にも投資をしたい人はSBI証券がオススメです

SBI証券の詳細はこちら

「資産形成がしたい…」

年金問題や老後に危機感を感じるサラリーマン向けに、インデックスファンド投資講座をWeb上で開催中

インデックスファンドの特徴は手堅く資産を築くこと!

 投資講座ガイダンス:サラリーマンに投資がオススメな理由?投資のメリットは稼げるだけじゃない!

【サラリーマンが投資する理由】月5万円の投資で年収1.3倍になる可能性アリ!
「投資をする理由ってなんだろう?」 「なぜ投資をするのかな?」 サラリーマンが投資をした方が良い理由は、時給...

 投資講座第1回:投資の種類を理解しよう!リスクが高いものから収益性の高いものまで完全網羅!

投資の種類とリスクから考える!忙しくてリスク嫌いなサラリーマン向けの投資の最適解とは?
「投資の種類ってなにがあるのかな?」 「一番儲かるものって何があるのかな?」 投資を探すときに、儲かる投資を...

 投資講座第2回:サラリーマンにはインデックスファンドが圧倒的にオススメな理由

インデックス投資は最強?サラリーマンが25年間の毎月15万の積立で1億円も可能
サラリーマンにインデックスファンドがオススメな理由を解説!10年利回りが10%?分散も簡単で手数料もやすい。インデックスファンドについてを解説しました。

 投資講座第3回:インデックスファンドとアクティブファンドってどっちの方が稼げるの?

アクティブファンドはインデックスファンドにボロ負け!アクティブ運用とパッシブ運用の違いとは?
アクティブファンドは株価指数などより高い運用成績をプロが目指すファンドです。インデックスファンドは株価指数などと同等の値動きを目指すファンドです。アクティブファンドはインデックスを下回った成績が多いです。両者の違いや原因を解説しました。

 投資講座第4回:長期的なインデックスファンド投資を行う理由は複利にあり!!

【投資信託の複利効果】インデックスファンドで189%増の資産構築をする方法
複利が効果的に働けば資産が189%増もあり得ます。預金に預けてもお金は増えません。インデックスファンドで運用するなら複利効果を知っておくべき。複利を効果的に働かすには、情報、節約、収入アップ、値動き分散が大切です。

 投資講座第5回:長期的に手堅く稼ぐのに絶対に欠かせない分散投資って何?

【分散投資を徹底理解】資産を分散してリスクを回避する方法?
分散投資は聞いたことあるけど、どうやって良いかわからない…。結論は、投資初心者はインデックスファンドの積み立て投資がオススメです。分散の方法やメリットなどを解説してみました。

 投資講座第6回:利率を優先する?元手を増やす?結局は入金力がすべて

【投資は入金力】年利と積立額はどっちが大切でしょうか?実は年収UPが資産構築には重要なんです
「いま、投資をしたら下げ相場だからマイナスになってしまう可能性もあるな…」 「どの金融商品に投資をすれば良いのかな...

 投資講座第7回:インデックスファンド積立投資を初めて気づいたこと

積立投資を実際にはじめて実感したこと【メリットや優位性】
「積立投資って実際どうなの?」積立投資で気になる、実感したことをリアルにまとめてみました。メリットはマインドが変わること、実際にやってみてわかった、積立投資の優位性も解説中。

 投資講座第8回:ETFでもインデックス投資できるけどどちらの方がおトクなの?

ETFと投資信託の違いとは?月5万円以上投資するなら米国株ETFを始めよう
「インデックスに投資をするけど、ETFとインデックスファンドどちらが良いのか?」 「インデックスファンドとETFの...

 投資講座第9回:投資は計画がすべてと言っても過言ではない!資産運用計画の立て方とは?

資産運用は計画がすべて!損する可能性を未然に防ぐ投資計画の立て方
投資を始めようと思ったら、資産の運用計画を作りましょう。資産の運用計画があれば、損する可能性を未然に防げます。計画がない場合、流行りの投資に手を出し損を出し、マーケットノイズによって、無駄な売買コストをかけ投資元金を減らすでしょう

 投資講座第10回:銘柄選びよりも大切なのは株式と債権の比率?資産配分の考え方とは?

投資利益の9割は資産運用の割合で決まる!資産配分の決め方とは?
「資産運用を始めようと思うけど、資産の配分はどうしようかな?」 「どのような資産配分が効果的なの?」 投資を...
タイトルとURLをコピーしました