【投資がつらい原因と対策】投資が辛すぎてしんどい人は将来豊かになる理由

投資がつらい

「損しているときの投資は非常につらいな…」

「乱高下見ていると吐き気がするわ…」

株式投資は乱高下が激しいので、損が出たりすると本当につらいですよね。

株式投資をすると、損している時はチャートばかり見てしまうことになり、精神衛生上も悪影響です。

投資初心者で投資がつらいなと感じる人は、NISAやiDeCoを使って節税メリットを得ながらつみたて投資するのがオススメですが、それでも辛い時がありますよね。

今回は、株式投資がつらいと感じた方におすすめのインデックスファンドつみたて投資について解説します。

この記事で学べることは?

  • 投資がつらい原因が学べる
  • 投資のつらさを克服する対策が学べる
スポンサーリンク

投資がつらいと思っている人は将来豊かになる

投資がつらいと思っている人は多いです。

「損が出た…」

「利益が出ない」

「このポートフォリオで大丈夫かな」

つらいと思っている人は将来豊かになることが約束された人です。なぜなら、投資について今悩んでいることは財産につながっているからです。

ただ、損が出たからといってパニックになってしまい、後先考えずに売却してはいけません。何も考えずに損を確定させてしまったら、もう後戻りはできないからです。

まずは、損を確定させるのではなく、投資がつらいと思ってしまった原因を整理して、対策を練りましょう。

損しているときの投資がつらい原因は?

株式にかかわらず、FXでも先物でも、損しているときの投資というのは、非常につらいです。

最近流行りの仮想通貨も、暴落して大損した人も数多いでしょう。

なぜ損する投資がつらいのでしょうか?原因と対策を解説します。

損を出しても売却するか否かの判断に迷いがでて心配するから

株式投資は損している間に売ってしまうと損が確定してしまいます。

損切りは大切と言われますが、損切りをするか確定するかの判断が一番むずかしいところです。

もしも、損切りを確定しない場合は、損するまで持ち続けないといけません。

「損が拡大するのではないか?」

「大丈夫なのか?」

このようなことを考えながら日夜生活し続けないといけません。

ハッキリ言ってメチャクチャつらいです。死にたくなります。

「なぜあんなことをしたのか」と後悔で精神状態がぐちゃぐちゃになります。

個別銘柄ではない投資信託やインデックスファンドの場合の投資は逆にチャンスです。

損をして最悪だなって思っても、平均購入単価を引き下げるために同じ銘柄を購入しましょう。

株・債権・投信で損が出た…。買い増し(ナンピン)はすべき?バフェットや著名な本から考えた
「買った投資信託で損がでた…」 「買い増しすべきなの?損切りすべきなの?」 相場は生き物のように上がったり下...

売却するか否かを迷っている人は、計画が決まるまでは、売却して損を確定させるのはやめましょう。損が確定しまった場合、後ほど値上がりした場合に取り返しがつかなくなります。

投資計画の立て方は下記に解説しています。よろしければどうぞ。

資産運用は計画がすべて!損する可能性を未然に防ぐ投資計画の立て方
投資を始めようと思ったら、資産の運用計画を作りましょう。資産の運用計画があれば、損する可能性を未然に防げます。計画がない場合、流行りの投資に手を出し損を出し、マーケットノイズによって、無駄な売買コストをかけ投資元金を減らすでしょう

投資のつらさを軽くするにはルール化が必須

人間は投資で損をした時に「もう売ったほうが良いのかな?まだ持っておいたほうが良いのかな?」と判断に迷います。

判断に迷っているときが、精神的に一番つらいです。

ルールを決めて、判断で迷うことが無くなれば、投資のつらさが軽くなります。

下記に判断に迷わないような投資初心者向けの投資ルールをまとめてみました。よろしければどうぞ。

【投資初心者は何からはじめる?】失敗しない投資の7つのルール
投資初心者に向けた7つのルールは解説。NISAとiDeCoを学べ・銀行・証券会社の株は買うな・手数料が安いネット証券を活用・月1万から投資を始めよう・生活費2年分を残して全投資もOK・利益が出るまで手放すな・積立のインデックス投資がおすすめ

投資がつらいのは余裕がない資金で運用しているから

しかしルールがあっても、投資で損したときのつらさが軽くなるだけで、つらい感情を持つことは変わりません。

株式投資がつらいのは損しても余裕があるほどの資金で運用していないからです。

余裕資金で投資をしていない場合、つらい状況はあまり変わらないのです。

なくなっても良い資金であれば、そこまで精神的に病むことはありません。

しかし、株式投資で利益を上げてくると損したくないと考えるのが人間の性質です。

利益を上げれば上げるほど、お金に対して執着心をなくさないと、利益を確定するまでは投資がつらくなるばかりです。

利益を上げたら、投資の資産状況を見直して、無くなっても良いお金だけ投資するよう変更しましょう。

一番良いのは余裕資金を作る方法ですね。サラリーマンが余裕資金を作るには転職・資格・副業・節約しかありません。下記に詳しくまとめてありますのでよろしければどうぞ。

お金に余裕を持ちたいサラリーマンの基本戦略【月40万の余裕アリ】
経済的な余裕がなければ精神的に辛くなり、人生が辛い方向にいきます。サラリーマンでも経済的に余裕が持てる方法はたくさんあります。実体験をもとに経済的余裕を持てる方法をまとめてみました。

投資がつらいなら次からは運用方法をリスク許容度と相談して決めよう

投資がつらい場合、自分が耐えられるリスク許容度の範疇を超えている可能性もあります。

再び投資をしようと思うのであれば、しっかりと計画を練った上で、自分のリスク許容度を考えてみると良いでしょう。

リスク許容度が高い人にもおすすめなのが、インデックスファンドへの積立投資です。

▼インデックスファンドへのほったらかしのつみたて投資は下記の点からオススメです

  • 投資のタイミングを分散できる
  • 長期保有が前提で判断の迷いが少ない
  • インデックスファンドはアクティブファンドより成績が良い

それぞれ解説します。

積立投資は投資のタイミングを分散

つみたて投資とは、毎月投資などの定期的に投資することです。

定期的に投資をすることは投資タイミングを分散ができ、値上がった時も値下がった時も一定額を購入すれば、その分だけリスクを回避することに繋がります。

投資タイミングの分散をするには、毎月のつみたて投資が簡単にできておすすめです。

積立投資はドルコスト平均法と呼ばれるものです。ドルコスト平均法については下記の記事でまとめています。

ドルコスト平均法の嘘? 一括投資の方がメリットある時も…リスク許容度による効率的な使い方
ドルコスト平均法は万能ではないが、初心者は必ずやるべき投資法です。ドルコスト平均法の嘘とは、利益最大化ではないという点です。しかし、守りの投資手法としてはドルコスト平均法は素晴らしいでしょう。投資は損をしないのが原則。ドルコスト平均法を解説

長期保有を前提にするから迷わない

投資がつらい最大の理由は判断を迷うことです。判断を迷わないおすすめの方法は長期保有を前程にすることです。

長期保有を前提にすれば、損が拡大しなければ、途中で投資をやめようと思わなくなります。

長期保有を前提にした投資を行いましょう

インデックス投資は最強?サラリーマンが25年間の毎月15万の積立で1億円も可能
サラリーマンにインデックスファンドがオススメな理由を解説!10年利回りが10%?分散も簡単で手数料もやすい。インデックスファンドについてを解説しました。

インデックスファンドの成績はアクティブより良い

投資信託の話になりますが、投資信託にはインデックスファンド・アクティブファンドという2種類があります。

  • アクティブファンド:株価指数などよりも高い運用成績をプロが指示をだして目指すファンド
  • インデックスファンド:連動を目指すインデックスと同様の動きを目指すファンド(別名:パッシブファンド)

アクティブファンドのほうは、プロが運用しているので一見すると成績が良さそうですが、実はインデックスファンドのほうが成績は良いのです。

アクティブファンドはインデックスファンドにボロ負け!アクティブ運用とパッシブ運用の違いとは?
アクティブファンドは株価指数などより高い運用成績をプロが目指すファンドです。インデックスファンドは株価指数などと同等の値動きを目指すファンドです。アクティブファンドはインデックスを下回った成績が多いです。両者の違いや原因を解説しました。

投資がつらい人には利益が出やすい制度を有効活用しよう

投資がつらい人におすすめなのは、

  • 投資信託を活用したインデックスファンドほったらかし積み立て投資
  • NISA・iDeCoを使って節税メリットを狙う

投資で損が出る主な理由はコストが高いことです。

そのため、手数料が比較的低めのインデックスファンドの投資は、投資がつらい人にもおすすめできるかなと思います。

さらに、コストには税金も含まれます。利益が出た場合には20%の税金が課税されるため、複利効果を期待しても得にくいのが従来の投資でした。

NISAは利益に対して非課税です。またiDeCoは所得控除が使えるため、実質的に利益が出しやすくなっているというメリットがあるのです。

投資信託を使うのは分散されているから

インデックスファンドの投資信託は、指数と連動するために分散されているファンドであり、一口が100円程から購入できるからおすすめしています。

投資信託自体にも多くの種類があり迷いますが、手数料が安くて、分散されているものを購入すると良いでしょう。

【投資】初心者の投資信託の選び方?おすすめと理由解説【2018】
投資初心者には投資信託のつみたて投資がおすすめです。インデックスファンドで手数料が安く、購入手数料がかからないものがオススメ。絶対におさえておきたい具体的な投資信託のおすすめ銘柄も含めてまとめました。

NISAはいつでも解約できる

NISAにはつみたてNISAと通常のNISAがありますが、個人的におすすめしたいのは積立NISAです。というのも、NISAは非課税が5年分しか無いのに対し、つみたてNISAは20年分の非課税期間があるからです。

長期投資をするのであればつみたてNISAがおすすめなんですね。

つみたてNISAの特徴は下記のとおりです

  • いつでも解約可能
  • 投資信託などが購入できる
  • 年間40万円(毎月3.3万円)まで投資可能
  • 20年以内の解約による利益は非課税
  • 最大で800万円積立可能

iDeCoは解約できないが所得控除になる

一方でiDeCoは途中解約ができませんが、社会保険料控除として掛け金分が所得控除されるため、節税メリットがあります。

iDeCo(個人型確定拠出年金)の特徴は下記のとおりです

  • 投資信託などが購入できる
  • 原則として60歳まで解約不可能
  • 社会保険料控除として所得から控除され、税金が安くなる節税効果もあります。
  • 運用益は非課税

iDeCoは老後に必要なお金を増やすために活用し、つみたてNISAでは老後までに必要なライフイベントのお金を投資することが良いと思います。

つみたてNISAやiDeCoの併用については「つみたてNISAとiDeCoの併用や違いと私が楽天証券を選ぶ理由を解説」で詳しく解説しています。

つみたてNISAとiDeCoの併用や違いと私が楽天証券を選ぶ理由を解説
iDeCoとつみたてNISAの併用って分かりづらいですよね。しかもどこの証券会社を選ぶのかも迷う…私が楽天証券でつみたてNISAやiDeCoをやろうと思った理由を解説します

また、おすすめのつみたてNISA口座については「つみたてNISAの投資信託購入におすすめ口座3選【投資初心者向け】」で解説しています。興味がある方はどうぞ。

【NISAおすすめ口座】SBI・楽天証券・マネックスの特徴解説
つみたてNISAをはじめようと思ってもどの口座にすればよいのか迷いますよね?投資初心者向けにつみたてNISAをはじめるおすすめ口座を解説します。手数料が安いのを選べば、まずは良いと思います。

投資がつらいなら長期保有のインデックスファンドへ投資しよう

投資がつらいのは損して持ち続けることや、判断が迷うことです。

投資初心者で投資がつらい人は、つみたてNISAやiDeCoを使ったほったらかしのインデックスファンドでの投資がおすすめです。

「え?でも投資って損する可能性があるから嫌だなぁ」と考える方もいるでしょう。

確かに、投資だと損する可能性があります。しかし貯金だと増える可能性はかなり低いのも事実です。

貯金と投資をうまく併用することにより、家計収入を少しでも上げられれば生活が楽になります。

特にiDeCoは節税にもなりますので、所得が多い方は検討してみると良いでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 コストが安いネット証券は投資の利益が出しやすい?

投資信託は実質コストが安い方が複利効果によって利益が出しやすいです。

実際に1000万円を元手にコストが年率0.2%と年率0.6%では、30年後に400万円以上の違いが出ることもあります。

賢く投資をするなら、実質コストが安い証券口座がオススメ。

特に、楽天証券とSBI証券は両社とも日本国内では優れたネット証券です。証券口座開設が無料であり、自宅で手軽に開設できます。それぞれに下記のような特徴があるので、二つの口座を開設して持っておくのが良いでしょう。

▼楽天証券「ポイントがえげつないほどたまり二重で投資できる」

実質コストを下げるならポイント還元が1%されたり、他にもポイントが溜まってポイントで投資ができる楽天証券がオススメです。

  • 楽天カードで溜まったポイントでポイント投資が簡単にできる!
  • クレジットカードで毎月5万円の積立投資で最大500P!
  • 楽天市場での購入が+1%還元される楽天SPUの仲間入りも!

楽天証券の詳細はこちら

▼SBI証券「海外ETFでのインデックスファンド投資は最安」

インデックスファンドを国内ではなく海外のETFを購入したい方や、100万円以上の資金を定期的に積立たいという人は、SBI証券が最もおトクに投資できます。

  • 海外ETFを購入は0.45%で楽天証券・マネックス証券と同じですが、100万円以上購入時の為替手数料が安い
  • 海外ETFにも定期買い付けサービスあり。ほったらかし運用も可能
  • インデックスファンド以外にも投資をしたい人はSBI証券がオススメです

SBI証券の詳細はこちら

「資産形成がしたい…」

年金問題や老後に危機感を感じるサラリーマン向けに、インデックスファンド投資講座をWeb上で開催中

インデックスファンドの特徴は手堅く資産を築くこと!

 投資講座ガイダンス:サラリーマンに投資がオススメな理由?投資のメリットは稼げるだけじゃない!

【サラリーマンが投資する理由】月5万円の投資で年収1.3倍になる可能性アリ!
「投資をする理由ってなんだろう?」 「なぜ投資をするのかな?」 サラリーマンが投資をした方が良い理由は、時給...

 投資講座第1回:投資の種類を理解しよう!リスクが高いものから収益性の高いものまで完全網羅!

投資の種類とリスクから考える!忙しくてリスク嫌いなサラリーマン向けの投資の最適解とは?
「投資の種類ってなにがあるのかな?」 「一番儲かるものって何があるのかな?」 投資を探すときに、儲かる投資を...

 投資講座第2回:サラリーマンにはインデックスファンドが圧倒的にオススメな理由

インデックス投資は最強?サラリーマンが25年間の毎月15万の積立で1億円も可能
サラリーマンにインデックスファンドがオススメな理由を解説!10年利回りが10%?分散も簡単で手数料もやすい。インデックスファンドについてを解説しました。

 投資講座第3回:インデックスファンドとアクティブファンドってどっちの方が稼げるの?

アクティブファンドはインデックスファンドにボロ負け!アクティブ運用とパッシブ運用の違いとは?
アクティブファンドは株価指数などより高い運用成績をプロが目指すファンドです。インデックスファンドは株価指数などと同等の値動きを目指すファンドです。アクティブファンドはインデックスを下回った成績が多いです。両者の違いや原因を解説しました。

 投資講座第4回:長期的なインデックスファンド投資を行う理由は複利にあり!!

【投資信託の複利効果】インデックスファンドで189%増の資産構築をする方法
複利が効果的に働けば資産が189%増もあり得ます。預金に預けてもお金は増えません。インデックスファンドで運用するなら複利効果を知っておくべき。複利を効果的に働かすには、情報、節約、収入アップ、値動き分散が大切です。

 投資講座第5回:長期的に手堅く稼ぐのに絶対に欠かせない分散投資って何?

【分散投資を徹底理解】資産を分散してリスクを回避する方法?
分散投資は聞いたことあるけど、どうやって良いかわからない…。結論は、投資初心者はインデックスファンドの積み立て投資がオススメです。分散の方法やメリットなどを解説してみました。

 投資講座第6回:利率を優先する?元手を増やす?結局は入金力がすべて

【投資は入金力】年利と積立額はどっちが大切でしょうか?実は年収UPが資産構築には重要なんです
「いま、投資をしたら下げ相場だからマイナスになってしまう可能性もあるな…」 「どの金融商品に投資をすれば良いのかな...

 投資講座第7回:インデックスファンド積立投資を初めて気づいたこと

積立投資を実際にはじめて実感したこと【メリットや優位性】
「積立投資って実際どうなの?」積立投資で気になる、実感したことをリアルにまとめてみました。メリットはマインドが変わること、実際にやってみてわかった、積立投資の優位性も解説中。

 投資講座第8回:ETFでもインデックス投資できるけどどちらの方がおトクなの?

ETFと投資信託の違いとは?月5万円以上投資するなら米国株ETFを始めよう
「インデックスに投資をするけど、ETFとインデックスファンドどちらが良いのか?」 「インデックスファンドとETFの...

 投資講座第9回:投資は計画がすべてと言っても過言ではない!資産運用計画の立て方とは?

資産運用は計画がすべて!損する可能性を未然に防ぐ投資計画の立て方
投資を始めようと思ったら、資産の運用計画を作りましょう。資産の運用計画があれば、損する可能性を未然に防げます。計画がない場合、流行りの投資に手を出し損を出し、マーケットノイズによって、無駄な売買コストをかけ投資元金を減らすでしょう

 投資講座第10回:銘柄選びよりも大切なのは株式と債権の比率?資産配分の考え方とは?

投資利益の9割は資産運用の割合で決まる!資産配分の決め方とは?
「資産運用を始めようと思うけど、資産の配分はどうしようかな?」 「どのような資産配分が効果的なの?」 投資を...