NISAのロールオーバーは投資商品次第で損を出す?損を防ぐNISAの運用方法とは?

NISAのロールオーバーは投資商品次第で損を出す?損を防ぐNISAの運用方法とは?

「NISAのロールオーバーってどう言う仕組みなんだろう」

「ロールオーバーがあるけど、NISAでの理想的な運用方法は何だろう」

NISAにはロールオーバーという仕組みがあります。

ロールオーバーという言葉だけ聞くと難しいもののように思えますけど、コップの中にある水の移し替えのように考えたら、超簡単に理解できます。

NISAのロールオーバーという制度があるため、通常の運用方法とは少し違った運用方法を考える必要があります。

個人的には、ロールオーバーを踏まえた上でNISAの運用方針は、

  • つみたてNISA:長期投資を前提に
  • 一般NISA;長期投資前提だが、非課税メリットをきっちりと活用

という点を考える必要があるでしょう。

今回は、NISAのロールオーバーの仕組みと、理想的な運用方法について解説します。

この記事で学べることは?

  • NISAのロールオーバーの仕組みが学べる
  • ロールオーバーをうまく活用する方法が学べる
  • NISAのロールオーバーを踏まえた運用方法の例が学べる
スポンサーリンク

NISAのロールオーバーはコップの水の移し替え

NISAのロールオーバーという言葉が聞きなれないので、意味がわからないという人も多いと思います。

しかし、NISAのロールオーバーとは「移し替えること」だと考えれば簡単に理解できます。

「期限が切れた非課税枠を、新しい非課税枠に移し替えること」

これが、ロールオーバーなのです。

ロールオーバーとは新しいコップに水を移し変えることに似ている

コップの水を入れ替える場面を想像してください。

借りていたコップを今まで使っていたものを返却しなければいけません。まだ水が入っている場合、新しいコップに移し替えますよね。

実は、NISAも同じように考えるとわかりやすいのです。

「非課税枠のコップを政府から借りていたのに、返却しなければいけなくなった。だから、新しい非課税のコップに移し替えよう。」これがNISAのロールオーバーなのです。

満杯になった非課税枠に新しいお金を投資できない

新しいコップに移し替えて、水が満杯になってしまったら、それ以上の水を注ぐことはできませんよね?

NISAの非課税枠についても、全く同じです。

つまり、新しい非課税枠にロールオーバーした際に、非課税枠を限界まで使ってしまったら、それ以上非課税枠に投資することができなくなります。

非課税枠120万円を限界まで使って投資をしていたら、期限がきてしまった場合、新しい非課税枠に120万円を移し替えたら、非課税枠を全て使ってしまうことになります。

つまり、その年のNISAを使った投資ができなくなるのです。

NISAでロールオーバーするか否は損しているか否かで判断する

NISAは非課税枠が終了した時の対策は3つあります。

  • ロールオーバーする
  • 証券口座に移す
  • 売却する

非課税枠が終了した時に、どうしたら良いのか迷う人って実は結構多いでしょう。私自身シミュレーションする前は、どうしたら良いのかわからなくなってました。

個人的にシミュレーションしてみて、シンプル化してみた結果、損を出しているか否かによって対応を下記の決めておくと楽です。私の場合は下記のようにしてみようと思います。

  • 損している場合:ロールオーバーする
  • 利益が出ている場合:証券口座に移す

投資額を下回った評価額の場合は損していますので、非課税枠をロールオーバーしましょう。

逆に投資額を上回った評価額の場合は利益が出ている状態のため、証券口座に移すして、新しい非課税枠には新しい資金を入れましょう。

NISAで損が出ているのにロールオーバーしないと損が発生する

NISAで損が出ているのにロールオーバーしない場合は、損してしまう可能性が高いです。

ロールオーバーしない場合は、売却か証券口座に移す内のどちらか一つを行うことになるでしょう。

売却の場合は評価額を下回った金額で売却することになるので、NISAの非課税メリットを受けることなく、損するだけでしょう。

証券口座に移した場合、移した時の評価額が証券口座での取得額になり、NISAで購入した金額に戻ったとしても、税金が課せられてしまいます。

例えば、120万円で購入した株式が、80万円になり、証券口座に移した場合、証券口座での取得額は80万円なので、120万円に戻った場合でも、差額の40万円に税金が課せられてしまうのです。

そのため、損失が発生した場合は積極的にロールオーバーを使い、非課税メリットが得られるようにするしかないのです。

NISAのロールオーバーから理想的なNISAの運用方法を考える

NISAにはロールオーバーという制度があります。そのため、普通の口座とは違った運用方法を考える必要があります。

  • インデックス投資信託に投資をする
  • 高配当ETFに投資する
  • 高配当株を購入

つみたてNISAでは、政府が指定した投資信託のみにしか投資ができません。その場合はインデックス投資信託であれば、長期的な運用で利益が出やすいでしょう。

また、一般NISAでの運用の場合は、多く種類に投資ができるため、幅が広がります。

しかし、非課税枠が5年しかないことを考えた場合、値動きの激しすぎるものに投資するよりは、確実に非課メリットが得られる配当があるものを選ぶと良いでしょう。

そういった点でも、高配当のETFなどに投資をするのがおススメです。

下記のような高配当ETFがオススメでしょう。

【VYM】バンガード・米国高配当株式ETFで配当金でいくら儲かるの?徹底分析!
VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)は配当金を目的としたETFには最適です。しかし、いくらもらえるのか超わかりにくい…。簡単に計算する方法と、VYMを投資するか迷った時に徹底的に分析した内容を解説しました。
【HDV】iシェアーズ・コア 米国高配当株ETFで実際にいくら入る?配当利回りトップクラスを分析
米国株で高配当で運用したい方にオススメなのがHDVです。世界最大のETF運用会社であるBlackRockが運用し配当利回りはトップクラス。秘密の鍵はスマートベータにあり?HDVの特徴と実際にいくら儲かるのかを解説。

一般NISAのデメリットと対策については下記の記事でもまとめています。NISAの運用方法に迷われている方の一助になれば幸いです。

一般NISAのデメリット対策!圧倒的な非課税メリットを引き出す投資方法とは?
NISAの非課税メリットは圧倒的!しかし、悪用を防ぐため複雑なルールが決められ、NISAのデメリットと呼ばれてしまっている。デメリットを学び対策を知れば、圧倒的にリターンがある投資が可能!一般NISAのデメリットと対策とは?

NISAのロールオーバーの使い方は事前に決めておこう

NISAのロールオーバーについては基本的には、下記のようにしておけば問題はないでしょう。

  • 損している場合:ロールオーバーしよう
  • 利益が出ている場合:証券口座に移す

NISAのロールオーバーは意外に複雑なルールのように思いますが、事前に非課税枠のロールオーバーについて理解しておけば、特段焦る必要もありません。

NISAを利用して、配当金の非課税枠を有効活用しましょう。

以上、NISAのロールオーバーの仕組みを徹底解説!事前に場合分けして損するのはやめようでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 コストが安いネット証券は投資の利益が出しやすい?

投資信託は実質コストが安い方が複利効果によって利益が出しやすいです。

実際に1000万円を元手にコストが年率0.2%と年率0.6%では、30年後に400万円以上の違いが出ることもあります。

賢く投資をするなら、実質コストが安い証券口座がオススメ。

特に、楽天証券とSBI証券は両社とも日本国内では優れたネット証券です。証券口座開設が無料であり、自宅で手軽に開設できます。それぞれに下記のような特徴があるので、二つの口座を開設して持っておくのが良いでしょう。

▼楽天証券「ポイントがえげつないほどたまり二重で投資できる」

実質コストを下げるならポイント還元が1%されたり、他にもポイントが溜まってポイントで投資ができる楽天証券がオススメです。

  • 楽天カードで溜まったポイントでポイント投資が簡単にできる!
  • クレジットカードで毎月5万円の積立投資で最大500P!
  • 楽天市場での購入が+1%還元される楽天SPUの仲間入りも!

楽天証券の詳細はこちら

▼SBI証券「海外ETFでのインデックスファンド投資は最安」

インデックスファンドを国内ではなく海外のETFを購入したい方や、100万円以上の資金を定期的に積立たいという人は、SBI証券が最もおトクに投資できます。

  • 海外ETFを購入は0.45%で楽天証券・マネックス証券と同じですが、100万円以上購入時の為替手数料が安い
  • 海外ETFにも定期買い付けサービスあり。ほったらかし運用も可能
  • インデックスファンド以外にも投資をしたい人はSBI証券がオススメです

SBI証券の詳細はこちら

「資産形成がしたい…」

年金問題や老後に危機感を感じるサラリーマン向けに、インデックスファンド投資講座をWeb上で開催中

インデックスファンドの特徴は手堅く資産を築くこと!

 投資講座ガイダンス:サラリーマンに投資がオススメな理由?投資のメリットは稼げるだけじゃない!

【サラリーマンが投資する理由】月5万円の投資で年収1.3倍になる可能性アリ!
「投資をする理由ってなんだろう?」 「なぜ投資をするのかな?」 サラリーマンが投資をした方が良い理由は、時給...

 投資講座第1回:投資の種類を理解しよう!リスクが高いものから収益性の高いものまで完全網羅!

投資の種類とリスクから考える!忙しくてリスク嫌いなサラリーマン向けの投資の最適解とは?
「投資の種類ってなにがあるのかな?」 「一番儲かるものって何があるのかな?」 投資を探すときに、儲かる投資を...

 投資講座第2回:サラリーマンにはインデックスファンドが圧倒的にオススメな理由

インデックス投資は最強?サラリーマンが25年間の毎月15万の積立で1億円も可能
サラリーマンにインデックスファンドがオススメな理由を解説!10年利回りが10%?分散も簡単で手数料もやすい。インデックスファンドについてを解説しました。

 投資講座第3回:インデックスファンドとアクティブファンドってどっちの方が稼げるの?

アクティブファンドはインデックスファンドにボロ負け!アクティブ運用とパッシブ運用の違いとは?
アクティブファンドは株価指数などより高い運用成績をプロが目指すファンドです。インデックスファンドは株価指数などと同等の値動きを目指すファンドです。アクティブファンドはインデックスを下回った成績が多いです。両者の違いや原因を解説しました。

 投資講座第4回:長期的なインデックスファンド投資を行う理由は複利にあり!!

【投資信託の複利効果】インデックスファンドで189%増の資産構築をする方法
複利が効果的に働けば資産が189%増もあり得ます。預金に預けてもお金は増えません。インデックスファンドで運用するなら複利効果を知っておくべき。複利を効果的に働かすには、情報、節約、収入アップ、値動き分散が大切です。

 投資講座第5回:長期的に手堅く稼ぐのに絶対に欠かせない分散投資って何?

【分散投資を徹底理解】資産を分散してリスクを回避する方法?
分散投資は聞いたことあるけど、どうやって良いかわからない…。結論は、投資初心者はインデックスファンドの積み立て投資がオススメです。分散の方法やメリットなどを解説してみました。

 投資講座第6回:利率を優先する?元手を増やす?結局は入金力がすべて

【投資は入金力】年利と積立額はどっちが大切でしょうか?実は年収UPが資産構築には重要なんです
「いま、投資をしたら下げ相場だからマイナスになってしまう可能性もあるな…」 「どの金融商品に投資をすれば良いのかな...

 投資講座第7回:インデックスファンド積立投資を初めて気づいたこと

積立投資を実際にはじめて実感したこと【メリットや優位性】
「積立投資って実際どうなの?」積立投資で気になる、実感したことをリアルにまとめてみました。メリットはマインドが変わること、実際にやってみてわかった、積立投資の優位性も解説中。

 投資講座第8回:ETFでもインデックス投資できるけどどちらの方がおトクなの?

ETFと投資信託の違いとは?月5万円以上投資するなら米国株ETFを始めよう
「インデックスに投資をするけど、ETFとインデックスファンドどちらが良いのか?」 「インデックスファンドとETFの...

 投資講座第9回:投資は計画がすべてと言っても過言ではない!資産運用計画の立て方とは?

資産運用は計画がすべて!損する可能性を未然に防ぐ投資計画の立て方
投資を始めようと思ったら、資産の運用計画を作りましょう。資産の運用計画があれば、損する可能性を未然に防げます。計画がない場合、流行りの投資に手を出し損を出し、マーケットノイズによって、無駄な売買コストをかけ投資元金を減らすでしょう

 投資講座第10回:銘柄選びよりも大切なのは株式と債権の比率?資産配分の考え方とは?

投資利益の9割は資産運用の割合で決まる!資産配分の決め方とは?
「資産運用を始めようと思うけど、資産の配分はどうしようかな?」 「どのような資産配分が効果的なの?」 投資を...
タイトルとURLをコピーしました