パーソナルファイナンスの知識不足で人生が詰む話「解決策あり」

パーソナルファイナンスの知識不足

「どのような投資をして老後費用を補えばよいのかわからない」

「パーソナルファイナンスを身に着けたいけどどうすればよいの?」

パーソナルファイナンスの知識不足は老後費用の不足を招きます。

というのも、以前、金融庁が老後費用は2000万円不足すると発表し話題になりましたが、その時の解決策として提示されていたのが長期投資でした。

パーソナルファイナンスの知識が不足すれば、資産運用をしなくなるので、老後費用を補うことができなくなるのです。

実際に私のInstagramで調査した結果、パーソナルファイナンスの知識不足を実感する人の割合は86%もいました。

この投稿をInstagramで見る

Doku📖さん(@dokusho_jin)がシェアした投稿

パーソナルファイナンスの知識不足を克服するには、子供の時に、両親からお金について話を聞くことや、自分で資産運用に取り組んで見るなどの対策が効果的です。

少なくとも学校教育にパーソナルファイナンスを導入して、学校に親が学費としてどの程度支払ってるのかとか、国からの税金などがどの程度出ているのかを教えるだけでも、お金の流れに興味を持つ子は増えそうですよね。

今回はパーソナルファイナンスの知識が不足する原因と解決方法について解説します。

この記事で学べることは?

  • パーソナルファイナンスの知識が不足した際の悪影響が学べる
  • パーソナルファイナンスの知識が不足する原因が学べる
  • パーソナルファイナンスの知識を身に着ける効率的な方法が学べる
スポンサーリンク

パーソナルファイナンスの知識が不足している現実

日本では多くの人がパーソナルファイナンス教育の機会が不足していると感じます。

実際に、周りには投資をしている人もいないため、将来に向けて資産形成している人も少ないです。

金融系で働いている人は比較的運用等を行なっている人が多いですが、金融系に関係のない仕事に就いてる人だと、一部の人しか投資をしていないのが現状です。

パーソナルファイナンスの知識不足は老後費用問題に直結します。

以前、金融庁が「このままいけば老後費用は2000万円不足する」というデータを発表して話題になりました。

定年後の老後資金は2000万円不足?自助努力が必要「金融庁発表」
「定年後の老後資金が2000万円不足する?」 「自助努力って何をやればよいの?」 これまで老後資金が不足する...

老後費用不足問題への対策として長期投資を勧めていました。

しかし、パーソナルファイナンスに関する知識が不足してしまえば、投資をすることもなくなってしまうため、老後費用を補う資産形成はできないでしょう。

パーソナルファイナンスの知識が不足する理由

パーソナルファイナンスの知識不足は老後費用が不足する原因となることを解説しました。

では、なぜパーソナルファイナンスの知識が不足するのでしょうか?

私が経験的に思うのは下記の2点です。

  • 子供の時に資産形成を学ぶ機会がない
  • 大人になっても資産形成を学ぶ人が少ない

それぞれ解説します

子供の時に資産形成を学ぶ機会がない

ほとんどの子供は残念ながら資産形成を学ぶ機会を与えられていません。

一部の富裕層の場合は子供の時から資産運用を教えているところもあるでしょう。しかし、大多数の子供は、大人からお金の話を聞くこともなく、パーソナルファイナンスへの考え方を学ぶことがないのです。

特に日本ではお金の話を子供にすべきではないという考え方もあるため、子供がお金の話を聞く機会というのはかなり限られてしまいます。

このように、子供の時に資産形成を学ぶ機会というのは滅多にないため、大人になった時に自分で資産形成を学ばないといけなくなってしまいます。

大人になって資産形成を学ぶ人は限られている

子供の頃からパーソナルファイナンスを学んでいない場合は、大人になった際に自分からパーソナルファイナンスを学ぶ必要があります。

しかし、大人になってからもお金に余裕がなかったり、時間がなかったりなどを理由に、資産形成をする人は少ないのが現状です。

私の肌感覚でも、お金に余裕がある人ほど資産形成を行っている印象があり、お金に余裕がない人は資産形成には取り組まずに、浪費する方向にいると思われます。

このように、大人になってからも何らかを理由に、パーソナルファイナンスを学ぶ機会が少ないため、パーソナルファイナンスの知識不足となってしまうのです。

パーソナルファイナンスの知識不足を補うためには?

パーソナルファイナンスの知識不足は、子供の時に資産形成を学ぶ機会が少ないことや、大人になってから自発的に学ぶ人が少ないことなどが原因だと言いました。

パーソナルファイナンスの知識不足を補うには、下記の2点に取り組んだほうが良いでしょう。

  • 大人が子供とお金について話す機会を作る
  • 少額から資産形成をする

大人が子供とお金について話す機会を作る

大人が子供とお金の話をしないと、子供がお金について学ぶ機会がなくなってしまいます。そのため、大人が子供とお金ついて話す機会を設ければ儲けるほど、子供もお金の話に興味を持つようになるでしょう。

わたしの場合、子供の頃にお金については両親から語られる機会もなく、自営業で確定申告している両親をみていて、お金って大変なんだなぁと感じていました。

その後、お金に興味を持ち始めたのは、大学の授業で経済学を学んでからです。

さらに、金融機関で勤めることにより、お金を節約し、お金を増やすというパーソナルファイナンスの最適化に興味を持ちました。

この経験からいえることは、お金が身近な話題であればあるほど、パーソナルファイナンスに興味を持つということなのです。

また、学校教育でも将来の資産設計や、現状学生である子供に支払われている学費や生活費などを教えられることで、子供がパーソナルファイナンスに興味を持つキッカケとなるでしょう。

少額から資産形成をはじめてみる

子供のときは両親とお金の話をすることにより興味を持つことができると思います。

しかし、自分が大人になった際にパーソナルファイナンスの知識をどのように磨けばよいのでしょうか。

それは、少額から資産形成を始めることです。

わたしの場合、資産形成にさらに興味を持ったのは自ら米国株に投資を始めてからでした。

米国株に投資を始めることでマーケットのことを学んだり、投資手法を分析することなどが、自分の資産形成に直結します。

勉強すれば、より儲かることができるようになるのですから、学ぶ意欲が出てくるのは当然です。

投資初心者は少額の長期投資から始めよう【資本家への第一歩】
「投資初心者が少額から投資を始める意味ってあるのかな?」 「投資初心者が投資を始めるなら何から始めれば良いかな?」...

よく「お金がないから投資ができない…」と考える人もいますが、そんなことはありません。月に1万円からでも投資はできますし、節約をすれば月に1万円ほどは投資額として捻出することは問題がありません。

節約はリスク無しで年利8%の投資みたいなものですからね…。銀行預金がほぼゼロ金利の時代に8%も利息がつくなら節約しない手は無いですね。

【節約は投資】節約はリスクなしで年利8%が可能な理由を解説!
節約は実は最強の投資商品?毎月3万円節約すれば年利8%の積立投資に匹敵するって知っていましたか?リスクゼロで年率8%も目指せる節約と投資の関係について解説してます。

大人がパーソナルファイナンスを伸ばすなら実際に投資をしてみるのが一番です。マーケットで実際に利益や損を出すようにしたほうが学べますよ。

パーソナルファイナンスを身に着けよう

パーソナルファイナンスについてまとめると下記のとおりです。

  • パーソナルファイナンスの知識不足は老後費用が不足する
  • お金の話を子供の頃から聞かせること
  • 大人になったら少額から投資を始める

パーソナルファイナンスの知識不足は老後費用の不足を招きます。

お金と密接に関わり、少額から投資をすれば知識不足を解消することも可能です。

一人ひとりがパーソナルファイナンスの知識不足を解消して、老後費用の不足を補えれば幸いです。

以上、パーソナルファイナンスの知識不足で人生が詰む話「解決策あり」を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 コストが安いネット証券は投資の利益が出しやすい?

投資信託は実質コストが安い方が複利効果によって利益が出しやすいです。

実際に1000万円を元手にコストが年率0.2%と年率0.6%では、30年後に400万円以上の違いが出ることもあります。

賢く投資をするなら、実質コストが安い証券口座がオススメ。

特に、楽天証券とSBI証券は両社とも日本国内では優れたネット証券です。証券口座開設が無料であり、自宅で手軽に開設できます。それぞれに下記のような特徴があるので、二つの口座を開設して持っておくのが良いでしょう。

▼楽天証券「ポイントがえげつないほどたまり二重で投資できる」

実質コストを下げるならポイント還元が1%されたり、他にもポイントが溜まってポイントで投資ができる楽天証券がオススメです。

  • 楽天カードで溜まったポイントでポイント投資が簡単にできる!
  • クレジットカードで毎月5万円の積立投資で最大500P!
  • 楽天市場での購入が+1%還元される楽天SPUの仲間入りも!

楽天証券の詳細はこちら

▼SBI証券「海外ETFでのインデックスファンド投資は最安」

インデックスファンドを国内ではなく海外のETFを購入したい方や、100万円以上の資金を定期的に積立たいという人は、SBI証券が最もおトクに投資できます。

  • 海外ETFを購入は0.45%で楽天証券・マネックス証券と同じですが、100万円以上購入時の為替手数料が安い
  • 海外ETFにも定期買い付けサービスあり。ほったらかし運用も可能
  • インデックスファンド以外にも投資をしたい人はSBI証券がオススメです

SBI証券の詳細はこちら

「資産形成がしたい…」

年金問題や老後に危機感を感じるサラリーマン向けに、インデックスファンド投資講座をWeb上で開催中

インデックスファンドの特徴は手堅く資産を築くこと!

 投資講座ガイダンス:サラリーマンに投資がオススメな理由?投資のメリットは稼げるだけじゃない!

【サラリーマンが投資する理由】月5万円の投資で年収1.3倍になる可能性アリ!
「投資をする理由ってなんだろう?」 「なぜ投資をするのかな?」 サラリーマンが投資をした方が良い理由は、時給...

 投資講座第1回:投資の種類を理解しよう!リスクが高いものから収益性の高いものまで完全網羅!

投資の種類とリスクから考える!忙しくてリスク嫌いなサラリーマン向けの投資の最適解とは?
「投資の種類ってなにがあるのかな?」 「一番儲かるものって何があるのかな?」 投資を探すときに、儲かる投資を...

 投資講座第2回:サラリーマンにはインデックスファンドが圧倒的にオススメな理由

インデックス投資は最強?サラリーマンが25年間の毎月15万の積立で1億円も可能
サラリーマンにインデックスファンドがオススメな理由を解説!10年利回りが10%?分散も簡単で手数料もやすい。インデックスファンドについてを解説しました。

 投資講座第3回:インデックスファンドとアクティブファンドってどっちの方が稼げるの?

アクティブファンドはインデックスファンドにボロ負け!アクティブ運用とパッシブ運用の違いとは?
アクティブファンドは株価指数などより高い運用成績をプロが目指すファンドです。インデックスファンドは株価指数などと同等の値動きを目指すファンドです。アクティブファンドはインデックスを下回った成績が多いです。両者の違いや原因を解説しました。

 投資講座第4回:長期的なインデックスファンド投資を行う理由は複利にあり!!

【投資信託の複利効果】インデックスファンドで189%増の資産構築をする方法
複利が効果的に働けば資産が189%増もあり得ます。預金に預けてもお金は増えません。インデックスファンドで運用するなら複利効果を知っておくべき。複利を効果的に働かすには、情報、節約、収入アップ、値動き分散が大切です。

 投資講座第5回:長期的に手堅く稼ぐのに絶対に欠かせない分散投資って何?

【分散投資を徹底理解】資産を分散してリスクを回避する方法?
分散投資は聞いたことあるけど、どうやって良いかわからない…。結論は、投資初心者はインデックスファンドの積み立て投資がオススメです。分散の方法やメリットなどを解説してみました。

 投資講座第6回:利率を優先する?元手を増やす?結局は入金力がすべて

【投資は入金力】年利と積立額はどっちが大切でしょうか?実は年収UPが資産構築には重要なんです
「いま、投資をしたら下げ相場だからマイナスになってしまう可能性もあるな…」 「どの金融商品に投資をすれば良いのかな...

 投資講座第7回:インデックスファンド積立投資を初めて気づいたこと

積立投資を実際にはじめて実感したこと【メリットや優位性】
「積立投資って実際どうなの?」積立投資で気になる、実感したことをリアルにまとめてみました。メリットはマインドが変わること、実際にやってみてわかった、積立投資の優位性も解説中。

 投資講座第8回:ETFでもインデックス投資できるけどどちらの方がおトクなの?

ETFと投資信託の違いとは?月5万円以上投資するなら米国株ETFを始めよう
「インデックスに投資をするけど、ETFとインデックスファンドどちらが良いのか?」 「インデックスファンドとETFの...

 投資講座第9回:投資は計画がすべてと言っても過言ではない!資産運用計画の立て方とは?

資産運用は計画がすべて!損する可能性を未然に防ぐ投資計画の立て方
投資を始めようと思ったら、資産の運用計画を作りましょう。資産の運用計画があれば、損する可能性を未然に防げます。計画がない場合、流行りの投資に手を出し損を出し、マーケットノイズによって、無駄な売買コストをかけ投資元金を減らすでしょう

 投資講座第10回:銘柄選びよりも大切なのは株式と債権の比率?資産配分の考え方とは?

投資利益の9割は資産運用の割合で決まる!資産配分の決め方とは?
「資産運用を始めようと思うけど、資産の配分はどうしようかな?」 「どのような資産配分が効果的なの?」 投資を...

コメント

タイトルとURLをコピーしました